万能nanacoカードは税金お支払いで最強の電子マネー!

普段生活をしていると感じることのひとつに、「世の中には何でこんなにたくさんの税金の支払いがあるのだろう」というのがあります。

例えば住民税、所得税、自動車税、社会保険料、固定資産税・・・・と、納税は日本に住む国民の三大義務のひとつとはいえ考えるのが嫌になるくらいたくさんあります。

この、税金というのは国に納めるお金のため普通に考えれば節約のしようがない出費とお考えの方も多いと思いますが、nanacoカードにはこの常識を覆す特別な支払い方法があるのです。

すでにnanacoカード活用術のひとつとしてネットでも紹介されているのですでにご存じの方も多いかもしれませんが、敢えてここでも紹介をさせてもらうとnanacoカードは住民税、所得税、自動車税、社会保険料、固定資産税といった税金を支払うことが可能なのです!

一体どうやってnanacoカードでお支払いをすればよいかというと、まず納付書兼領収書といった納税書がご自宅に送られて来ると思います。

この納税書兼領収書とnanacoカードをもってお近くのセブン-イレブンへ行きます。

そして、セブン-イレブンのレジで納税書兼領収書を渡すと、公共料金のお支払い代行サービスとしてこれらの料金お支払いをnanacoカードで対応してくれるのです。

世の中に電子マネーは数多く存在しますがこの公共料金のお支払い代行サービスに対応している唯一の電子マネーがnanacoカードです。

ただ、残念ながらnanacoカードでこれら公共料金をお支払いしてもnanacoポイントに還元されるわけではありません。

これを聞くと「それじゃ現金で支払っても同じではないか」と感じると思います。

ただ、ここで唯一税金の支払いをポイントにする裏ワザがあります。

それはnanacoカードのチャージをクレジットカードにすることでポイントに還元することが可能になります。

nanacoカードのクレジットカードチャージというのは多くカードが対応していますが、チャージ分をポイント還元できるクレジットカードは限られたカードのみになります。

その限られたカードの中でも使い勝手の良いカードが以下の3枚です。

この3枚のカードならnanacoカードにクレジットチャージすることでポイント還元することができます。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスは株式会社セブン・カードサービスが発行しているクレジットカードなのでnanacoとの相性は抜群です。

nanacoのオートチャージにも唯一対応しているのがセブンカード・プラスになります。

nanacoのオートチャージは残高が足りなくなったら自動的にセブンカード・プラスからチャージが行われるため、レジでお支払いの際に残高不足になる心配がなくなります。

また、他のクレジットカードはnanacoチャージのポイント付与が非対応になる可能性がありますが、サービス元の会社が発行しているセブンカード・プラスならおそらくその心配はないでしょう。

セブンカード・プラスについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

セブンカード・プラスへのお申し込みはこちらから → セブンカード・プラス(公式サイト)

リクルートカード

リクルートカードはnanacoのクレジットチャージでポイントが付くカードの中でも最もポイント還元率の良いカードです。

その還元率は驚異の1.2%ということでたくさんポイントを貯めたい人にはリクルートカードが一番ベストな選択でしょう。

また、リクルートカードはnanaco以外にもSuicaなどのクレジットチャージもポイントが付くので、色んな種類の電子マネーを1枚のクレジットカードでチャージしたいという方には便利なカードです。

リクルートカードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

リクルートカードへのお申し込みはこちら → リクルートカード(公式サイト)

Yahoo! JAPANカード


Yahoo! JAPANカードはnanacoのクレジットチャージだけではなく、Suica、ICOCAなどのクレジットチャージでもポイントが付与される便利なカードです。

また、それだけではなくヤフーショッピングやヤフオクなどをお買い物に利用される方には、お支払いにYahoo! JAPANカードを利用するだけでTポイントがたくさん貰えるという魅力もあります。

さらに、ソフトバンクユーザーの方はYahoo! JAPANカードの利用でポイント優遇される優待特典などもあるので、ソフトバンクユーザーの方におすすめのカードでもあります。

Yahoo! JAPANカードについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

Yahoo! JAPANカードへのお申し込みはこちら → Yahoo! JAPANカード(公式サイト)

これら3枚のカードの中でポイント還元率が最も高いのがリクルートカードで、そのポイント還元率は1.2%と最高水準になります。

セブンカード・プラスとYahoo! JAPANカードはポイントの還元率が0.5%とリクルートカードに比べるとちょっと見劣りしますが、それでもnanacoのクレジットチャージがポイント還元されるというのは非常に魅力的です。

ちなみにnanacoカードは1枚につき5万円までがチャージの上限となっています。

もし、1回のお支払いが5万円以下であればnanacoでのお支払い後にまたnanacoをチャージをすれば問題ありませんが、1回のお支払いが5万円以上の場合には複数枚のnanacoカードを発行しておく必要があります。

なお、nanacoカードは1度のお支払いで最大5枚まで利用できるので1回のお支払いが25万円までなら対応可能です。

なお、「センターお預かり」という上級者レベルの利用方法を使えば1枚で10万円分まで利用することもできます。

このセンターお預かりという方法はnanacoへチャージするためのお金を一時的にセンターに預けておくという方法で、支払いの際にはレジで「センター残高確認をお願いします」と伝えれば支払いに合算して利用することができます。

ただし、このセンターお預かりという方法は複数枚のnanacoカードを持っていても利用できるのは1枚分のみのため、このセンターお預かりを併用しても最大で1回のお支払いが最大30万円までとなります。

nanacoを利用して税金支払いを節約しよう

税金や公共料金の支払いというの金額も大きいのでポイント還元されるだけでも、年間としては大きな節約効果につながっていきます。

また、税金というのは継続してこれからも何年、何十年と支払い続けることを考えると、早めに支払い方法を替えることでその後の節約効果は大きく変わってきます。

たとえば年間10万円の税金支払いがあるとすれば、ポイント還元率が1.0%でも年間で1,000円の節約効果となります。

おそらく一般家庭での税金支払いは年間平均で50万円くらいだと思いますが、もしこの支払をnanacoの支払い方法に変更するだけで年間5,000円もの節約効果となります。

これが今後5年、10年と続いてけばその節約効果は何万円、何十万円と大きなメリットを生み出すということです。

逆にこれを知らずにいままで通り現金で各種税金や公共料金のお支払いをしていくと、節約効果分を損をしていくことになります。

このnanacoカードを利用した税金のお支払いによる節約方法は早めに試すことをおすすめします。

以上、万能nanacoカードは税金お支払いで最強の電子マネー!の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする