高速バスを利用するならクレジットカード支払いがお得!!カード会員の優待価格での利用とポイントがたくさんもらえるなどメリットが多いです。

値段も手ごろなものから個室タイプの豪華なものなどさまざまなタイプが登場している高速バス。

これまで長距離の移動にはクルマや電車、飛行機といった移動手段を利用していた人からも、高速バスという新たな移動手段の選択肢に注目が集まっています。

とくにお盆やお正月などの長期休暇の帰省では深夜の高速バスなどは値段も安く乗り換えもないので、寝ている間に目的地まで到着することができるため、利用したことがある人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな高速バスをクレジットカードで便利にかつお得に利用できる方法について紹介したいと思います。

高速バスの料金はどれくらいなの?

高速バスの料金が安いといっても一体どれくらいの料金なのか?

実際に利用したことがない人には分からないかもしれませんが、電車や飛行機などと比べるとその料金設定は非常に安いです。

こちらの下記高速バスの料金は利用するバス会社や時期によっても異なりますが目安として紹介します。

区間 料金(片道)
東京 → 大阪 1,800円
東京 → 名古屋 2,000円
東京 → 京都 1,800円
東京 → 仙台 1,760円
東京 → 新潟 1,900円
東京 → 青森 2,500円
東京 → 盛岡 2,500円
東京 → 秋田 2,410円
東京 → 山形 2,300円
東京 → 長野 1,000円
東京 → 金沢 1,820円
東京 → 神戸・三宮 1,800円
東京 → 広島 5,500円
東京 → 福岡 7,500円

バス比較ナビ 調べ

東京発の区間料金のみの紹介となりますが、1万円あれば片道料金のみで日本中ほとんどの場所に行くことが可能です。

また、3千円あれば広島、福岡を除くすべての区間を利用することが可能です。

自動車であればガソリン代よりも安くなりますし、飛行機や電車であれば新幹線などの特急券を含めて比較しても、圧倒的に高速バスの方が料金が安くなります。

(例)東京 → 大阪間の片道料金

移動手段 安値 高値
高速バス 2,500円(4列標準シート) 20,000円(2列シート)
飛行機 3140円(LCC成田発普通席) 38,320円(FSC 羽田発ハイクラス)
新幹線 13,260円(自由席) 19,230円(グリーン車)

※2018年12月料金 (バス比較ナビ調べ)

これだけ格安で移動できる手段があるのですから使わない手は無いでしょう。

高速バスをクレジットカードで支払うメリットは?

高速バスの利用ですがほとんどの人が予約サイトから申し込みされると思います。

高速バスの予約サイトはいくつもありますがその中から代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

・ 高速バスネット

・ バス比較ナビ

・ 高速バスドットコム

・ 発車オ~ライネット

高速バスのお支払いは基本的にコンビニ決済、クレジットカード支払いの2種類の方法になります。

(一部予約サイトでは電子マネーのSuica(スイカ)やYahoo!ウォレットなどでもお支払をすることが可能)

クレジットカードについてはJCB、VISA、MasterCard(マスターカード)、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードブランドであれば基本的に利用可能です。

(ダイナースクラブは一部予約サイトでは利用不可)

コンビニ決済を利用する場合、事前に予約番号を控えて最寄りのコンビニへ行きコンビニに設置されている予約端末に入力してお支払いという流れになるので非常に面倒です。

それに比べてクレジットカードであればパソコンやスマホから予約~お支払いまですべて完結することができます。

■コンビニ決済:予約番号を控えて最寄りのコンビニでお支払いをして予約完了

■クレジットカード決済:パソコンやスマホで予約からお支払いまで完了

なお、高速バスネットはお支払をクレジットカードにするとネット割りとなり乗車料金が2~5%割引になるお得なサービスなどがあるのでカード支払いのほうが断然お得です。

ちなみに高速バスの乗車券は窓口でも購入できますが料金が割引になり、なおかつ窓口へ出向く手間も省けるのでネットでのご予約の方が便利でお得です。

高速バスの利用におすすめのクレジットカード

高速バスの利用におすすめのクレジットカードは基本的にポイントが貯まりやすいカードがおすすめです。

そこでおすすめのクレジットカードは国内でも最高水準のポイント還元率を誇るREX CARD(レックスカード)が最もお得になるカードになります。

・ REX CARD (公式サイト)

おすすめする理由はシンプルにポイント還元率が1.25%という高い還元率を誇ることになります。

「えっ?たったそれだけ?」と思う方もいるかもしれませんが、他のクレジットカードと比べた時にお得になることにこだわらるならポイント還元率になります。

逆に言えばほかのカードではこれだけのメリットが無いということも言えます。

REX CARD(レックスカード)についてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

バスツアーも高速バスの人気の理由の一つ

また高速バスの利用方法にはバスツアーというものもあります。

バスツアーのプランには東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンなどのテーマパークや、伊勢神宮や出雲大社などの参拝、さらにはコミックマーケット(コミケ)のイベントなど様々です。

また、バスツアーの中には豪華寝台列車『ななつ星』を手掛けた水戸岡鋭治(みとおかえいじ)さんがデザインした、推定1億円超えの”走る茶室”とも言われる豪華バスツアーなどもあったりします。

水戸岡鋭治デザインのバスクラブツーリズムファースト

1泊2日のバスツアーの料金は10万円越えとちょっと高いですが、いつもとちょっと違う旅行がしたいという人にはバスツアーというのは新鮮な楽しみになること間違いないでしょう。

(私は手が出ませんが興味のある方はぜひ利用してみて下さい)

そんなバラエティ豊かなバスツアーでおすすめのクレジットカードを2枚ほど紹介したいと思います。

JCBトラベル(JCBカード)

JCBにはJCBトラベルという会員専用の旅行予約サイトがあります。

JCBトラベルではクラブツーリズムなどの旅行代理店がバスツアーを取り扱っており、JCBトラベルからお申し込みするとカード会員特別価格でのお得なパッケージツアーを利用することができます。

・ JCBトラベル (公式)

しかもJCBカードでお支払すればご利用料金のポイントが2倍貯まり、さらにポイントをツアー料金のお支払に利用する時には1ポイント5円分として利用できるので非常にお得です。

・ JCBカード (公式サイト)

JCBカードについてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

VJトラベルデスク(三井住友カード)


三井住友カードではVJトラベルデスクという旅行予約サービスがあり、こちらもバスツアーの旅行代理店を取り扱っております。

・ VJトラベルデスク (公式)

VJトラベルデスクよりパッケージツアーのご予約をして三井住友カードでお支払をすると、ご利用料金が5%割引になるという非常にお得なサービスがあります。

・ 三井住友VISAカード (公式サイト)

三井住友カードについてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので合わせて読んでみて下さい。

クレジットカードで高速バス・バスツアーをお得に利用しよう

高速バス、バスツアーをご利用する人にとってクレジットカード決済は、とても便利でお得なお支払方法なのでおすすめです。

いままで長距離の移動や旅行へ行く時の移動手段は電車や飛行機だったという人は、高速バスを利用すると今までと違う風景を楽しむことができたり、いままでと違う体験をすることができます。

おまけに利用料金も格安というメリットもあるので、すこし旅費を抑えた旅行をしたいという方にもおすすめです。

テレビなどでもバスツアーによる観光名所や食べ歩きのツアーなどは人気の企画となっているので、興味のある方はこの機会にぜひ利用してみて下さい。

以上、高速バスを利用するならクレジットカード支払いがお得!!カード会員の優待価格での利用とポイントがたくさんもらえるなどメリットが多いです。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする