アメリカン・エキスプレス・カード 日本での歴史

1983年。

これはアメリカン・エキスプレス・カードが日本で誕生した年です。

1983年の日本がどんな時代だったかというと以下のような出来事がありました。

■東京ディズニーランド開園

■任天堂がファミリーコンピューター(ファミコン)を発売

■TVドラマ「おしん」が放送

■キン肉マン消しゴムが大流行

■映画「探偵物語」が人気

若い人に分からないことかもしれませんが、いまの40代以上くらいの人達には懐かしい出来事だと思います。

1983年というと今ではあたり前のことや今では考えられないような時代でした。

まだ日本がバブルも迎える前で経済成長を続けていた頃の時代で、携帯電話もなく公衆電話が町中にあり、コンビニエンスストアなどもまだ珍しいという時代に、アメリカン・エキスプレス・カードが日本で誕生しました。

まだ、クレジットカードというもの自体が珍しかった時代です。

なお、アメリカン・エキスプレスの日本での展開はゴールドカードからの発行になっており、通常のグリーンカードは遅れての発行という特殊な生まれでした。

このゴールドカードというのを日本で初めて発行したのもアメリカン・エキスプレス・カードです。

今ではクレジットカードで当たり前のゴールド、プラチナなどのステータスカードを生み出したのはこのアメリカン・エキスプレスなのです。

そして、アメリカン・エキスプレスが誕生して時代が流れて33年の2016年。

クレジットカードを持つという事は当たり前の時代になりました。

今では24時間営業のコンビニエンスストアも至る所にあり、クレジットカードでの支払いも当たり前のように出来るようになっています。

公衆電話も町中から消えてスマートフォンがその代わりとなり、その電話料金の支払いも銀行引き落としではなくクレジットカード支払いができる時代です。

誕生から33年の時を経て時代の流れがやっとアメリカン・エキスプレスカードに追いついてきたのかもしれません。

そしてアメリカン・エキスプレス・カードも進化して、ゴールドカードのさらに上のプラチナカードやブラックカードと呼ばれているセンチュリオンなども誕生しました。

しかし、変わらないところもあります。

それはアメリカン・エキスプレス・カードが仕事や旅行で海外へ行く時に様々なサービスでカード会員をサポートしてくれるところです。

アメリカン・エキスプレス・カードへの申し込みはこちらから → アメリカン・エキスプレス・カード(公式)

以上、アメリカン・エキスプレス・カード 日本での歴史の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする