1月16日の仮想通貨大暴落で多くの人が利用していた方法は『ビットコインFX』という手法。手元資金が無い状態で高額の投資をするならクレジットカードに見直すべきです。

仮想通貨の投資をしている方にとっては今週は天国と地獄どちらかを経験したという人が多いと思います。

その理由というのは今週火曜日(1月16日)起こった仮想通貨の大暴落。

一気に価値が40%近くも値下がりしたというのは仮想通貨を保有している人にとっては気が気でならない一週間だったと思います。

ビットコイン、一時100万円割れ 規制強化に警戒感

私も仮想通貨を保有していますが価値が一時的に下がるという経験はしたものの今のところはただ傍観しているだけという状態です。

まだまだ価値は変動していくと思うのでどうなるのかなんてこの先1ヶ月、1年先を考えるとまだまだ結論は出せませんよ。

そんな中、今回の暴落の中で仮想通貨を手放さなければならなくなってしまった人が多く出てきています・・・。

報道ステーションで仮想通貨大暴落により1600万を損失した人が報道される

こんなニュースがある一方で『仮想通貨は寝ているだけでお金が増えていく毎日』なんて楽天的なことを言っている人もいます。

こういった発言はものすごく誤解を招くので良くないのですが・・・。

おそらくこの人も1月16日の大暴落の時には寝て起きたら顔面蒼白だったでしょうね。

仮想通貨の熱狂というのは誰もが魅力的に見えてしまうものだと思いますが、

投資というものはある程度の損失が発生してもちゃんと生活基盤を確保できる範囲で行うものです。

一言でいえば『余剰資金の運用』というのが安全な投資方法でしょう。

しかし、時には投機チャンスだと思い多額の資金を投資に回して回収したいと思うものです。

今夏の仮想通貨の大暴落で破産してしまった人の多くはビットコインFXのようなものを利用していました。

FXはレバレッジにより手元資金の原資を何倍にもして投資運用できるのですが仮想通貨のように価格変動が激しいものでは不向きです。

その理由は今回のような価格の急落では証拠金不足によるロスカットで資産をすべて底値で売却されてかつ借金まで出来てしまいます。

もし多額の資金を仮想通貨へ投資したいのであれば以前にも紹介しましたがクレジットカードの利用が一番安全です。

高額の仮想通貨購入ならレバレッジよりクレジットカード決済がおすすめ。ゴールドカード以上なら100万円以上の投資も可能に!

今回の仮想通貨の大暴落で多くの人が離脱していったと思いますが、

まだまだ新規参入者の方が増えていくと思うので市場自体は盛り上がり続けていくでしょう。

ただ、本当に素人の人がビットコインFXのようなサービスを利用するのは非常に危険なので投資未経験のような人は、

無理してレバレッジをかけて多額の資金を投資に回さないように注意してください。

以上、1月16日の仮想通貨大暴落で多くの人が利用していた方法は『ビットコインFX』という手法。手元資金が無い状態で高額の投資をするならクレジットカードに見直すべきです。の記事でした。

今回の仮想通貨の暴落ニュースを見てあらためて注意喚起として紹介しました。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする