高額の仮想通貨購入ならレバレッジよりクレジットカード決済がおすすめ。ゴールドカード以上なら100万円以上の投資も可能に!

仮想通貨の購入方法として銀行振り込みやコンビニ入金、ペイジーといった方法を利用されている方が多いと思います。

逆にクレジットカードからの入金というと敬遠(けいえん)される方が多いと思います。

おそらくその理由の多くは手数料の高さからくるものだと思います。

国内の仮想通貨取引所でクレジットカード払いは利用できるのですがネックとなるのは手数料が高いということ。

ビットフライヤー、ザイフ、コインチェックでは手数料が約8~9%取られてしまいます。

こちらの内容についてはプラチナ・カード・ライフスタイルさんの記事でも詳しく紹介しています。

仮想通貨にオススメなクレジットカードは?高額入金可能なクレジットカード紹介!

クレジットカードを利用した仮想通貨購入は本当に損なのか?

これについては半分はYesと言えますが半分はNoだと思います。

一体どういうことかというと仮想通貨を購入してデイトレーダーのように短期的な取引をしようとした場合、

8~9%の利益をすぐに回収するという事は難しいのでおススメは出来ません。

しかし、中・長期的な投資のために購入するのであれば仮想通貨の価値が150%にも200%にも上がる可能性があるのでおススメです。

もし、狙っている仮想通貨が下落しているときに手元資金が足りなく購入できない場合などは大きな機会損失となってしまいます。

そんな時にクレジットカードを利用して購入すれば手元資金が無くても高額の取り引きをすることが出来ます。

この取引で購入した仮想通貨の価値が20%、30%と上昇していけば十分元を取ることは出来るでしょう。

クレジットカードで購入した費用はどうやって払えばいいのか?

これについては出来るだけ1回払いを念頭にして利用するのがベストです。

出来れば次の給料日など収入が入るタイミングで払える範囲であれば余計な負担が掛かることはありません。

しかし、もし何十万、何百万という投資をするのであればおそらく多くの人は1回で支払うことは困難になると思います。

支払いの方法として分割払い・リボ払いという支払いを分散する方法はありますが金利が掛かるのでできるだけ避けたいところでしょう。

その代わりボーナス払いの選択であれば次回のボーナスで支払いが発生するものの金利は発生せず支払いを先延ばしできるので高額の購入方法としておススメです。

なお、分割払い・リボ払いを選択した場合でも支払い回数を出来るだけ多く設定して、

まとまった資金が入るタイミングで繰り上げ返済をすれば金利を最小限に抑えられます。

レバレッジを利用した取引はどうなのか?

仮想通貨の投資方法としてFXのように元金を25倍まで増やして取引することが出来るレバレッジという方法もあります。

少額の元手で大きな金額の取り引きをしたい人には有効な方法なのですが1点注意が必要です。

それはレバレッジで必要となる必要証拠金が不足となりロスカットにより強制的に成行注文となってしまうことです。

この制度自体は利用者の損失拡大の保護をするためのものではあるのですが自分の意思と関係なく強制的に取引終了となってしまい、

残るのは損失のみとなるためこうなってしまうとほぼ取り返しがつかなくなってしまいます。

必要証拠金不足になる前に自制心で止められればいいのですが投資のようなものはこういった制度を利用するのは危険です。

それに引き換えクレジットカードであれば自分で使う金額と支払い方法をコントロールできるというメリットがあります。

仮想通貨取引にベストなクレジットカードは何なのか?

仮想通貨取引に使用するクレジットカードの場合はある程度利用枠の大きいクレジットカードにしておくといいでしょう。

利用枠の大きいクレジットカードということで出来ればゴールドカード以上がベストです。

また支払い方法の選択肢が多ければ多いほど使い方に自由度が増してきます。

なおクレジットカードブランドによっては利用できないカードもあるのでその辺は注意しましょう。

主な仮想通貨取引所で利用できるクレジットカードは以下の通りです。

・bitFlyer(ビットフライヤー):VISA、MasterCard

・CoinCheck(コインチェック):VISA、MasterCard、JCB

・Zaif(ザイフ):VISA、MasterCard

これらのクレジットカードブランドの中でおすすめのカードは以下の4つのカードです。

三井住友VISAゴールドカード

 利用可能限度額 50万円~200万円 ※MasterCardブランドも有

JCBゴールドカード

 利用可能限度額 50万円~300万円

ANAJCBカード

利用可能限度額 70万円~200万円 ※ワイドゴールドの場合

JALゴールドカード

 利用可能額 50万円~150万円 ※Club-Aゴールドカードの場合

三井住友ゴールドカードとJCBゴールドカードはカード発行会社直系のためセキュリティも充実しています。

ANAゴールドカードとJALゴールドカードは利用する事によりマイルも貯まるので投資プラス旅行の楽しみが出来ます。

また支払い方法も一括払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払いと選択肢が充実しているところもポイントです。

仮想通貨の購入方法でクレジットカードを検討されている方はぜひご一考してみて下さい。

以上、高額の仮想通貨購入ならレバレッジよりクレジットカード決済がおすすめ。ゴールドカード以上なら100万円以上の投資も可能に!の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする