長い歴史を持つ老舗のクレジットカード会社は?設立年数別で分かるクレジットカード会社一覧

『老舗』(ろうほ、しにせ)というものは昔から長く続いてきた歴史と伝統があるもの。

そしてそのために必要となるものは信用です。

クレジットカードというと最近できた物のように思う方もいるかもしれませんが、

実は長い歴史を持っているという事を皆さんご存知でしょうか?

ということで、まず日本のクレジットカード会社の設立年月をまとめてみました。

カード会社名 設立年月
オリコ(オリエントコーポレーション) 1951年3月
JCB(ジェーシービー) 1961年1月
三菱UFJニコス 1961年10月
クレディセゾン 1963年7月
三井住友カード 1967年12月

「えっそんな前からクレジットカードってあったの?」って思う方がいるかもしれませんが、

実際にクレジットカードとして本格的に世の中に誕生してくるのは1970~1980年代くらいになります。

これらはの会社はもともとは信販会社として融資などの業務をしていた会社です。

ちなみに国内で有名な三井住友カードが比較的新しい会社ということや、

オリコカードが50年以上の伝統があるということなど意外と知らない人が多いかもしれません。

という事でクレジットカード自体の歴史はすでに40年近くにもなります。

これを読んでいる人たちの中には「まだ生まれていない・・・」って人もいるかもしれません。

では、海外のクレジットカードブランドの誕生はいつ頃だったのか?

こちらについてもまとめてみました。

カードブランド名 設立年
American Express(アメリカン・エキスプレス) 1850年
Diners Club(ダイナース クラブ) 1950年
VISA(ビザ) 1958年
Master Card(マスターカード) 1966年
Discover Card(ディスカバー カード) 1985年
中国銀聯(ちゅうごくぎんれん) 2002年

一番歴史の長いアメリカン・エキスプレスはなんと150年以上も前から存在しています・・・。

(ちなみにこの時代は日本はまだ明治にも入っておらず嘉永三年で征夷大将軍が徳川家慶という時代です)

ちなみにアメリカン・エキスプレスは100年以上も前に何をやっていたのかというと、

もともとは旅行者のトラベラーズチェック(旅行小切手)を発行する業務から始まりました。

アメリカン・エキスプレス・カード

それから世の中にクレジットカードが本格的に誕生してくるのは1960年代くらいになります。

世界で初めてクレジットカードを作ったといわれるダイナースクラブがこの頃に設立されていますね。

また、このサイトではあまり紹介していないディスカバーカードは主にアメリカでの利用者が多いカードです。

アメリカ版のJCBと言った感じでしょうかね。

日本ではあまり見かけないかもしれませんが場所によっては利用できる店舗もあります。

また最も新しい有名な国際カードブランドとしては中国の中国銀聯があります。

その歴史はまだ15年という若さでアメックスとの歴史の差はなんと152年・・・。

これだけ歴史の違いのある会社がいま同じ時代でクレジットカードを発行しているのいうのが奇妙にも感じてしまいます。

国際的に見てクレジットカードを利用する人が少ないと言われる日本ですが、

正直これだけ歴史と伝統のあるクレジットカードを使っていないという事に驚きを感じます。

JCBのような自国の国際クレジットカードブランドを所有しているのは世界に誇れることでもあります。

日本のカード JCBカード

日本においてはクレジットカードを使うことに対して、

「不正利用がある」とか「使い過ぎの心配」など否定的な意見がまだ多くありますが、

そんな問題があるとしたらこれほど長い歴史と伝統は残り続けられないでしょう。

それぞれのカード会社の伝統の長さから信用できるクレジットカードを選んでみるというのも良いかもしれません。

歴史と伝統に安心感をおぼえるという事もありますからね。

日本のカード JCBカード (1961年1月設立)

セゾンカードインターナショナル (1963年7月設立)

三井住友VISAカード (1967年12月設立)

以上、長い歴史を持つ老舗のクレジットカード会社は?設立年数別で分かるクレジットカード会社一覧の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

クレジットカード会社を比較するときに歴史や年数と同じくらいに重要となってくるのが「会員数」ですよね。

やはり会員数が多いほうが多くの人が利用しているという事で信用できるという考え方もあります。

各クレジットカードの会員数をまとめた記事も紹介しておりますのでよろしければこちらもぜひ参考にしてみて下さい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする