銀行口座から直接引き落としのデビットカード クレジットカードとどちらがお得?

最近CMなども良く放送されて広く認知されてきたデビットカード。

VISAデビットなどは上戸彩さんなどのCMでも有名です。

デビットカードの特徴は銀行口座から直接引き落としされるという所です。

通常のでは銀行口座→ATMなどで現金引き落とし→お買い物などで利用となりますが、

デビットカードなら銀行口座→デビットカードでお買い物などにご利用という流れになります。

上記の流れだとATMで現金引き落としという手間が省けるのでATMを探す時間や

ATMを利用する手数料を心配する必要が無くなります。

またデビットカードなら使い過ぎという心配もなくなります。

他にもデビットカードを利用することでポイントやキャッシュバックという特典も得られます。

これは現金支払いでは得られないメリットですね。

またデビットカードの一番の特徴としてはカード発行に審査が無いので誰でも作ることが出来るという事です。

これはクレジットカードのように与信枠というのが無いためです。

借金などの債務がある人や過去に支払い遅延のような金融事故を起こしてしまった人の場合、

一般的にクレジットカードの発行の際審査に通ることが非常に難しくなってしまいます。

しかしデビットカードならそういった方でもカードを発行することが出来るので、

クレジットカードのように利用できるカードが欲しいという人にとっては非常に有効な手段となります。

ではデビットカードとクレジットカードどちらを作る方がいいのか?

これは特別な理由が無ければクレジットカードの方がメリットは非常に大きいです。

まずクレジットカードにありデビットカードに無い機能の一つとして分割払い・ボーナス払いというものがあります。

高額の商品を購入する際に分割払いの利用をしたいと思っても別途ショッピングローンを組まなければなりません。

他にもポイント還元率で見てもクレジットカードは1%~2%に対してデビットカードは0.5%ほどしかもらえません。

同じ買い物をしてポイントが倍違うのであればやはりポイントが多い方を選んでしまいますね。

他にもデビットカードでの支払いが出来ないシーンとしてガソリンスタンド高速料金の支払いがあります。

これはガソリンの給油量や高速道路の走行区間などによって金額が変動してしまうため、

デビットカードで決済した後に口座残高が足りないとなることを防ぐためです。

また最後にこれが最もクレジットカードとの違いですが、

カード会員に対するサービス・特典というものがほとんどないという事です。

クレジットカードというのは年会費などを支払う見返りとしてカード会員に様々なサービスを提供してくれます。

空港のラウンジサービスやレストラン利用などでの割引、ショッピングでの割引などそのサービスは様々です。

これらサービスを享受できないというのがデビットカードの最大のデメリットともいえます。

デビットカードを作ろうかクレジットカードにしようかとお悩みの方は、

それぞれのカードの特徴をよく確認してカードを作成することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする