クレジットカード・ポイント回覧板

銀行の名前が変わる。「三菱東京UFJ銀行」から「三菱UFJ銀行」へ

      2017/05/19

今回はクレジットカードからちょっと横道にそれた話になりますが、

日本の銀行でもメガバンクの一つともいえる「三菱東京UFJ銀行」が来年春より名称が変わるようです。

 

日本のメガバンクといえば大きく分けると3つほどあります。

 

・三菱東京UFJ銀行 (旧 三菱銀行、東京銀行)

・三井住友銀行 (旧 住友銀行、さくら銀行)

・みずほ銀行 (旧 第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行)

 

これらはバブル崩壊により旧山一證券や旧北海道拓殖銀行の破たんなどが起こって、

それぞれ2006年に銀行の再編成が起こった年に生まれたものです。

→詳しくはwikipediaをご覧ください。

 

今回「三菱東京UFJ銀行」の名称がどう変わるかというと「三菱UFJ銀行」となる予定です。

 

メガバンクの中では三菱東京UFJ銀行は9文字に対し、三井住友銀行は6文字みずほ銀行は5文字と、

他の銀行名に対して三菱東京UFJ銀行は名称が少し長いというのがありました。

(個人的にはあまり気になっていませんでしたが・・・気にする人もいるんでしょうね)

銀行名から「東京」消える 統合20年余「三菱UFJ」に

 

今回変更になる「三菱UFJ銀行」が7文字となると5文字、6文字、7文字とちょうど一文字ずつの違いとなります。

 

ただ銀行名の変更というのは意外と影響力が大きいです。

 

お給料の振り込み口座だったり、クレジットカードの引き落とし口座だったり、

その他各種料金の引き落とし口座などで設定されている方も多いと思います。

 

すでに設定されているものの多くはおそらく自動的に移行されると思いますが、

なかには利用者ご自身で変更して下さいなんて不親切なところもあるかもしれません。

 

銀行の引き落としや振り込みで何を利用しているかを通帳記帳やネットのご利用明細などで事前にチェックしておくと、

銀行名称が変わってもスムーズに移行できると思いますので事前の確認をしておきましょう。

 - 未分類