英語の勉強をされている方はTOEICの受講料を『nanaco』か『楽天Pay』でお支払するとポイントが付つきますよ。

世界で通用するようになるためには英語というのはもはや必須のスキルになっています。

いろんな企業でも採用する際に英語のスキルがある人材の方が即戦力となるため優先的に確保したい人材でもあります。

その英語スキルを定量的に評価しているテストがTOEICです。

今は社会人から大学生などさまざまな人たちが受けています。

(ちなみに私もTOEICを2ヶ月に1回くらいの頻度で受けていたります。)

そんなTOEICですが1回の受験料が5,725円(税込)とけっこうな金額だったりします。

(インターネットお申し込みの場合は5,092円と非常にお得です)

そうは言っても毎回受験して思うのは一向に減らない受験者の人数。

大学などの教室で受けるのですがほぼ毎回席は満員状態です。

こんなに受験する人数が減らないというのは驚異的なことだと思います。

(ある意味日本の英語のレベルがそれだけ低いと言えることかもしれませんが・・・)

そんなTOEICの受験料ですが1回だけならいいのですが毎回支払うとなると結構な出費となります。

ちなみにTOEICの受験料のお支払い方法は以下の3通りになります。

・クレジットカード

・コンビニエンスストア

・楽天Pay

現金払いの人であればコンビニエンスストアでのお支払いをする人が多いかもしれませんが、

現金でお支払いするとポイントも何もついてきません。

しかしコンビニエンスストアでもセブンイレブンであればnanaco支払いを利用することでポイントを貰うことが可能です。

ただし注意が必要なのはnanaco支払いでのnanacoポイントはもらえません。

具体的にはnanacoチャージをクレジットカードにする分がポイントとしてもらうことができるのです。

nanacoチャージでおすすめのクレジットカードは『セブンカードプラス』です。

セブンカードプラスを利用すれば通常ポイントのつかないTOEICの支払い金額分をnanacoにチャージすることで、

間接的にTOEICの受験料をポイント化することが可能です。

セブンカードプラスのお申し込みはこちら

セブンカード

セブンカード

またもう一つの方法としては『楽天Pay』を利用した方法です。

楽天Payはクレジットカードを利用した決済サービスです。

こちらの楽天Payで受験料をお支払いすれば楽天ポイントを貰うことができます。

楽天Payをご利用するのにおすすめなのは『楽天カード』です。

楽天カードへのお申し込みはこちら

楽天スーパーポイントプレゼント!

楽天カードは学生の方にも作りやすいカードなので特におすすめです。

他にも年会費が無料のカードも楽天Payを利用するのであればおすすめです。

以上、英語の勉強をされている方はTOEICの受講料を『nanaco』か『楽天Pay』でお支払するとポイントが付つきますよ。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

ちなみに余談ですがTOEICの問題用紙のシールが剥がしづらいことで有名ですが、

受験票を問題用紙に差し込みカッターの要領でシール部を下から上に引き裂くようにすると綺麗に剥がせます。

また、シール部が上面に来るように問題用紙を立てて両手の親指でめり込ませる破れ目から引き裂くように剥がす剥がし方もおすすめです。

↑これけっこう悩んでいる人多いと思うので参考までに紹介しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする