クレジットカード・ポイント回覧板

笑える?笑えない?クレジットカード失敗談

      2017/06/14

クレジットカードに詳しくない人にとっては、

クレジットカードを使うときにうっかり使い方を間違えてしまったという経験があると思います。

 

・キャッシュカードと間違えて銀行のATMにクレジットカードを入れてしまった

これは序の口の間違いですね。

若い頃にはクレジットカードもキャッシュカードも違いがよく分からないものです。

たくさんカードを持っていてどれがクレジットカードでキャッシュカードかも分からないなんて人もいるものです。

 

ちなみに解説をしておくと違いは以下の通りです。

 キャッシュカード:銀行の預金引き落としに利用するカード

 クレジットカード:買い物などの支払いの際に現金の代わりに使用するカード

 

・海外旅行に同じクレジットカードブランドばかりを複数枚持って行ってしまった

これは意外と注意しておかないと忘れがちです。

VISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、JCBなどのブランドを海外で使用する際、

店舗によっては利用できないクレジットカードブランドなどが存在します。

 

日本国内であれば現金での支払いをすれば解決しますが海外では通貨の両替をしておかないとなりません。

支払いはクレジットカードがあるから大丈夫と思っていても万が一クレジットカードが利用できないと非常に焦ります。

 

海外へ行く際にはなるべく複数のクレジットカードブランドを揃えておくことが鉄則です。

 

・クレジットカード支払い時のサインを間違えて旧姓で書いてしまった

これは主に結婚したばかりの女性にとってはあるあるの話かもしれません。

 

癖というのはなかなか抜けないものでつい昔の姓でサインを書いてしまったという経験もあると思います。

 

しかし大半の場合は間違ってサインをしてもお会計の時には問題ありません。

ただし明細がクレジットカード会社に渡ってから問題が起こる可能性があります。

 

おそらくクレジットカード会社から電話などでいつ何時どこでこのような買い物をした覚えはありますか?

というような確認の電話などが来るかもしれません。

 

また最悪の場合は不正利用の可能性があるということでカードを停止されてしまうかもしれません。

 

もし間違えて書いてしまったと気づいたらすぐにクレジットカード会社のデスクに電話をして、

その時買い物した詳細とサインを間違えて書いてしまったことを事前に連絡しておけば問題ありません。

 

・忘れないようにクレジットカードに暗証番号を書いている

これはかなりの失敗の上級者です。

盗難被害に遭ったらどうぞ使ってくださいと言っているようなものです。

 

どんなに忘れっぽくてもクレジットカードに暗証番号を書くのは厳禁です。

暗証番号はなるべく生年月日などを除いて覚えやすい番号にすると良いでしょう。

 

・クレジットカードに穴をあけてストラップのように紐を通している

こんな人本当にいるの?って思うかもしれないですが人それぞれ色んな使い方をしています。

 

クレジットカードに穴を開けるのが防犯のためなら相当警戒心の強い人かもしれませんが、

目的が落とさないためのストラップを通すための穴・・・・なんて人もいるのです。

 

図書館のカードなどならもしかしたら問題ないかもしれませんが、

クレジットカードにむやみに穴を開けてしまうと利用できなくなってしまうので要注意です。

 

落としてしまう心配があるのであればクレジットカードはお財布に入れて、

お財布にストラップを通すようにしましょう。

 

そして最後に一番多いクレジットカードの失敗談はこれでしょう。

 

・クレジットカードを使い過ぎて支払いが出来なくなってしまった

クレジットカードを魔法のカードのように限度額いっぱいまで買い物してしまう最悪のケースです。

 

クレジットカードの限度額が100万円で手元に1,000円しかなくてもクレジットカードなら100万円使えてしまいます。

 

しかし実際に支払いできるのは1,000円しかないのです。

自分の手持ちのお金以上に買い物などをしてしまう浪費癖がある方は以前紹介した以下の記事をみて、

自分がクレジットカードを使用することに適正かどうか考えてみて下さい。

 

 

以上、クレジットカードにまつわる失敗談の紹介でした。

 - 未分類