クレジットカード・ポイント回覧板

狙っている人は要注意!JCBカード ザ・クラスの突撃申し込みが難しくなっています!!

      2017/10/07

国内カードブランドJCBの最高峰である「JCB ザ・クラス」。

年会費の割に充実した特典などが魅力でありプラチナ・ブラックカードクラスのクレジットカードでも人気の一枚です。

 

そしてカード取得までの難易度の高さ、入会審査の厳しさもありなかなか入手できないカードでもあります。

 

 

もともと招待制のカードで多くの人が入会できるようなカードではないのですが、

一昔前ではJCB ザ・クラス欲しさにネット上でもいろんな情報が公開されていました。

 

その中でも有名なのが「突撃」という招待を待たずに直接自分から申し込みをする方法です。

 

この方法はゴールドカード、ゴールドカードプレミアを所有している方が使える裏ワザで、

ゴールドカードデスクへ電話して申込用紙を請求するという方法です。

 

JCBゴールドカード

 

この方法を使うと本来は招待制のカードを招待が来るのを待たずにカードを入手することができるので、

JCB ザ・クラス取得の近道として有名な方法となりました。

 

通常のプロセスなら3~4年はかかるクレジットカードの取得を半年~1年くらいで実現することも可能なので、

資金に余裕がある人は年間に300万円以上をJCBカードの決済にするなんていう強者までいます。

 

しかしここ最近この「突撃」という方法がだんだんと使えなくなってきています。

 

以前はある程度JCBゴールドカードの利用実績があればゴールドデスクに電話して申込書を貰うことも可能でしたが、

ここ最近はゴールドデスクに電話してもやんわりと申し込み用紙の送付を断られてしまうケースが出てきました。

 

これはおそらくJCB ザ・クラスを入手するためだけに一時的にJCBゴールドカードをたくさん使って、

JCB ザ・クラスを入手したらJCBカードをほとんど使わなくなるという輩が増えてきたからだと思います。

 

なお普段からJCBカードを頻繁に利用している人であればまだ突撃という方法は有効かもしれませんが、

短期間でJCBカードの最高峰を入手したいという魂胆が見え見えの人の場合はカード番号を聞かれて断られてしまうでしょう。

 

もしこれからJCBカード ザ・クラスを狙いたいというのであれば決済額の大きさを重視するのではなく、

カードの保有歴ならびにカード決済の回数を重視して利用するとJCB ザ・クラスの収得が早くなるでしょう。

 

なおJCBのスターメンバーズランクは間違いなく高いランク方が良いので、

スターαプラス(年間100万円以上利用)もしくはロイヤルαプラス(年間300万円以上利用)になっておきましょう。

 

今後会員数が増えていくとさらに申し込み・審査の基準が厳しくなっていきそうな雰囲気なので、

まだ厳格化されていない今のうちにJCBカードゴールドを作って良質なクレジットヒストリーを作り上げていきましょう。

 

JCBゴールドカード

 - JCB