拡大する電子マネーの利便性。2017年は戦国時代の様相

今年はApple Payという大型新人の登場もあり、

にわかに電子マネーという新たな支払い方法に注目が集まっています。

いまや現金、クレジットカードに続く第三のお支払方法として電子マネーという方法が定着しつつあります。

ではなぜ電子マネーというお支払方法が人気を集めているのか?

まず一番の理由は「ポイントが貯まる」ということです。

Suicaやnanaco、WAONなどの電子マネーは独自のポイントシステムを持っているので、

電子マネーを利用することでで少しお得にお支払をできるようになります。

広がる電子マネー利用 カード入金・決済でポイント増

またもう一つの大きな理由は「小銭などを気にせずにスムーズなお支払ができる」ということです。

当たり前ですが電子マネーというのは現金が必要ありません。

その代わりに事前にチャージをした独自のICカードや、

スマートフォンに搭載されているFeliCaなどを利用した非接触ICカード方式のようなお支払方法になります。

電子マネーを使う理由 1位は?2位「スムーズ」、3位「少額でも使える」

これは電子マネーを利用する人にとって大きな魅力の一つになると思います。

特にその威力を発揮しているのは駅の自動改札です。

いまでは当たり前のようにSuicaカードなどにチャージをしてスムーズに改札を通っていきます。

でも一昔前は券売機の前に並んで現金で切符を買って改札に券を通すというのが通例でした。

しかし今ではほとんどの人がSuicaを利用してどんどん改札を通っていきます。

それは利用している方々が切符よりも便利でスムーズだと判断したからです。

ではこの改札がコンビニなどのレジだとしたらどうでしょう。

いまだにレジの前に並んで小銭などを数えて支払っている姿を見ると、

一昔前の駅の券売機の前に並んでいるような気分にもなります。

要領の悪いお客さんなどいたらレジに1分以上並んで待つなんて経験をしたことある人もいるでしょう。

それがお支払方法が電子マネーやクレジットカードであれば、

たった数秒でレジのお支払いを済ませることができます。

人生でレジのお支払に時間を費やしたいと言いう方は電子マネーやクレジットカードは不要かもしれませんが、

そうではない人にとっては電子マネーやクレジットカードでの決済は時間の有効活用にもつながります。

特に平日の朝のコンビニなんて電車の時間などもあるので駅の改札同様に激戦区状態です。

レジでのお支払いをスムーズに済ませることで朝の時間にゆとりを持つことも出来ます。

ポイントが貯まることも電子マネーのメリットの一つですが、

時間の使い方を上手にしたい人にこそ電子マネーはお勧めしたいお支払方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする