クレジットカード・ポイント回覧板

初めてのクレジットカード。選び方は2通りで選ぼう

      2017/08/13

最初の1枚目のクレジットカードというのは長い付き合いになる人が多いと思います。

 

適当に選んでしまうと数年後にクレジットカードに詳しくなった時、

「なんでこんなカードを1枚目に作ってしまったんだろう」と思ってしまいます。

 

そんな後悔しないための初めての1枚目のクレジットカードをどうやって選べばいいのか?

 

選び方としては大きく2通りの選び方があります。

それは「短期的に利用する」という選び方と「中・長期的に利用する」という選び方です。

 

●短期的に利用する

 

短期的に利用するという選び方の考え方としては、

1年か2年くらい利用してその後は新たなカードに変えるというのが前提となります。

 

この場合はまず1枚目のカードでとりあえず「クレジットカードの使い方を知る」というのが大きな目的です。

おそらくほとんどの人がこのパターンになると思います。

 

こういったカードを選ぶ際にはあまり年会費などもかけずに無料で利用できるのがベストです。

またせっかく使うのであれば少しでもお得になるカードが一番です。

 

お得という考え方は様々ありますが一番分かりやすいのが「ポイント還元率」になるでしょう。

 

このポイント還元率を重視してさらにカードの利便性なども考えるとオススメといえるのは以下の3枚のカードになります。

 

一つ目はリクルートカードです。

 

リクルートカードのポイント還元率は1.2%とトップクラスの還元率を誇ります。

 

さらにホットペッパーやじゃらんなどのリクルートグループでも特典が多く利用できるので、

人によっては将来的にも長く付き合えるカードになる可能性があります。

リクルートカード

 

二つ目Yahoo!JAPANカードです。

 

Yahoo!JAPANカードはポイント還元率1%と標準的なレベルになりますが、

Yahoo!ショッピングでは頻繁にポイント倍増キャンペーンを実施しているので、

ネットショッピングを利用される方にはポイント還元率1%以上でほとんど利用することができます。

 

Yahoo!ショッピングは取扱うショップや商品の数も増え続けているので、

いま目が離せないカードの1つとなります。

Tポイントがザクザクたまる!

 

三つ目としては楽天カードになります。

 

楽天カードもポイント還元率は1%と通常レベルの還元率となります。

 

ただ楽天市場を利用するとポイントが多く貰えるのでYahoo!ショッピング同様に

ポイントは1%以上もらえることがほとんどです。

 

また楽天カードのメリットの一つとして審査が非常に甘いというのがあります。

カードの審査が心配という方にはまず楽天カードから始めてみるのも一つの方法です。

●中長期的に利用する

 

まず短期的と中長期的での大きな違いとしては、

利用実績を積み重ねることでカードのランクアップがあり将来的にステイタスカードになることです。

 

ステイタスカードには他のカードにはない特典が様々あります。

空港のラウンジサービスやレストランのご予約、利用料金の割引などは将来的には非常に魅力的な特典が満載です。

 

こういったサービスを将来利用したいと考えている方がカード選びをすると必然的にプロパーカードとなります。

(プロパーカードとはカード会社が独自に発行しているカードで他のサービスと提携していないタイプになります)

 

このプロパーカードの場合おススメできるのは以下の2枚のカードになります。

 

まず一つ目はJCBカードです。

 

JCBカードは国産ブランドということで日本国内では最もお得で利便性の高いカードといえます。

 

またJCBカードは一般カード、ゴールドカードから申し込み可能ですが、

さらに上のクラスのカードが欲しいという人地道に利用実績を積み重ねなけらばなりませんので、

最初の1枚からJCBカードにすることで早く利用実績を積み上げることができます。

 

とくに最上級カードのJCBザ・クラスは難易度が非常に高いカードなので、

早くから利用実績を積み上げて修得できる確率を上げることが重要です。

 

二つ目は三井住友VISAカードです。

 

三井住友VISAカードはなんと言ってもVISAブランドということで海外での利用にも非常に強いカードです。

 

将来海外でも利用できるカードが欲しいという人にはVISAブランドにしておくことで、

長く付き合えるカードになることはほぼ間違いありません。

 

また三井住友VISAカードは一般カード、ゴールドカード、さらにプラチナカードまで申し込み可能ですが、

いきなりプラチナカードを持てるようになるには審査のハードルは相当に高いです。

 

なので将来ゴールドカード、プラチナカードを目指そうと思っている方には、

若いうちから一般カードで利用実績を積み上げておくことが非常に重要です。

 

また三井住友VISAカードは年会費の割引サービスも多いので負担もそれほどかかからずに利用できるでしょう。


以上、初めてのクレジットカード選び方になります。

 

最初のクレジットカードをどれにすればよいか迷っているという方は

このような情報を参考にして自分に合った一枚を選んでみてください。

 - JCB, Yahoo!JAPANカード, リクルートカード, 三井住友カード, 楽天カード