人はクレジットカードだけで生活できるのか?・・・個人的には1週間くらいなら可能だと思う!

キャッシュレスの究極の姿としては『現金を1円も持たないで生活すること』

果たしてそんなことができるのでしょうか?

こんなことを言うと突拍子もないことのように感じる人のほうが多いと思いますが、

クレジットカードをメインに生活している私個人の意見としては『それほど不可能ではない』事だと思います。

日本は現金主義の人が多いとはいえクレジットカードを使える場所が少ないかというとそんなことは無いと思います。

身近なところではコンビニなどではほぼ全てのクレジットカード、電子マネーが当たり前に利用できますし、

スーパーや薬局でもクレジットカード支払いに対応しているところは非常に多いです。

レストランや居酒屋でも有名なところではクレジットカード支払いに対応しているところがほとんどでしょう。

またイオンのようなショッピングモールでもユニクロなどの衣料品店でも利用可能なので、

衣食住という面では服や食べ物を購入するのにクレジットカード支払い出来なくて困るシーンは少ないです。

また住むところにおいても大東建託などの大手住宅メーカーではクレジットカード対応しているところも増えてきています。

そうなると衣食住ほぼすべてクレジットカードでの支払いが可能になるのです。

さらに交通においても電車なら電子マネーSuicaが利用でき、

車でも高速道路はクレジットカード付帯のETCカードでの支払いが当たり前となっています。

タクシーの支払いも多くのクレジットカード支払いを利用することができますし、

ガソリンスタンドでもクレジットカード支払いはほぼ問題なく利用できるほどに普及しているのです。

私の普段の生活の中で現金を利用するシーンとしてはビルの中にある小さな売店や、

電子マネーに対応していない古い自販機などを利用する時くらいしかありません。

そう考えると日本という国はクレジットカード支払いを利用する人は少ないものの、

インフラは整っておりクレジットカード支払いを利用できるところは非常に多いのです。

本当にクレジットカードのみで生活できるのかというのを

週刊プレイボーイでは約1か月間の検証をした記事があったので紹介します。

キャッシュレス時代到来 本当に現金を持たずに不自由なく生活できるのか?

使えるのはチェーン店だけ?クレジットカード&電子マネーが普及しない理由

この記事の中でも紹介しているように個人経営の店舗などでは

クレジットカード支払いができないところが多いのは確かに実状としてあると思います。

が、しかし個人経営の店舗を利用する機会というのは自分の生活を顧みてもほとんどないレアケースです。

そう考えるとたとえ手元にクレジットカードか電子マネーのみになったとしても、

一週間くらいであれば十分生活することは可能だと思います。

もし『そんなの嘘だろう』と思う方がいれば試しに一週間クレジットカードと電子マネーのみの生活を試してみて下さい!

『実際は不便になるんじゃないの?』って思うかもしれませんが逆に快適な生活ができると実感するでしょう。

ちなみにクレジットカードではブランドによっては利用できない所というのがあると思います。

ただ、国内においてはVISAブランドとJCBブランドの2つを持っていればほとんどの場所で利用することが可能です。

三井住友VISAクラシックカード

JCBカード

また電子マネーにおいても利用する地域によりますがSuicaのような交通系電子マネーとApple PayやiDがあれば、

ほとんどの場所で電子マネーの支払いにも困ることはありません。

これからキャッシュレス時代に向けて何がいったい大切なのか?

それは利用する私たちのほうがどれだけクレジットカードを利用することができるのかを理解することが大切だと思います。

かなり熱く語ってしまいましたが、

以上、人はクレジットカードだけで生活できるのか?・・・個人的には1週間くらいなら可能だと思う!の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

『キャッシュレス生活をしてみたいけどクレジットカードと電子マネーどれを選べばいいの?』

というかたは以下の2つの記事が参考になると思いますのでぜひ読んでみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする