メルカリで現金を出品することは違法となる可能性があるのでやめましょう

ここ最近ニュースを騒がしているメルカリの現金売買。

10万円の紙幣が11万円や12万円で売られるという異常な事態が発生しているのです。

現金出品を禁止に 1万円札など額面以上で出品

普通に考えればわざわざ損をするようなこんな商品を誰が買うのか?と思ってしまいますが、

意外にもこういった商品にも需要というのが存在するのです。

一体だれが買うのか?なぜこんなことが起こっているのか?というと、

実はこれはクレジットカードというのものが深く関わっています。

よく街中で「クレジットカード現金化します」なんて怪しい広告を目にしたことがある人もいるともいます。

このクレジットカード現金化というのは、

クレジットカードのショッピング枠を現金に交換するという悪質なサービスです。

ただショッピング枠が100万円あったとして現金100万円に交換してくれるわけではありません。

交換手数料として数%は損してしまうことになります。

こんなことを利用するのはいったい誰なのか?

それは多額の借金を抱えたどこからもお金を借りることもできないような多重債務者になります。

借金というのもには利息というものが存在し数%から10%以上の高金利で利息を取られます。

クレジットカードもキャッシングという機能がありますがこれも同じようなものです。

しかしショッピング枠には分割払いやボーナス払いなど様々な支払い方法があり、

これら分割手数料というのはキャッシングなどの利息と比べると低く設定されています。

そのためキャッシングをするならメルカリで現金を買って借金を支払い、

クレジットカードの分割払いの利息で支払っていこうと考える人にとっては需要が出てきます。

・・・ただこんな商品にまで手を出すような人はおそらく相当追い込まれているような人です。

借金がある人にとっても無い人にとってもこんなものを購入することは1円のメリットもありません。

メルカリもこの現象を問題視しているようで今後は現金の出品を削除していくようです。

皆さんももしメルカリで現金が出品されていてクレジットカードを持っていたとしても、

このような悪質な商品は購入しないように気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする