クレジットカード・ポイント回覧板

ポイント還元率の高さで絶対におすすめしたい!!クレジットカード愛好家が選ぶ厳選クレジットカード!2017年度版

      2017/09/17

クレジットカードを選ぶ時に気になる事としてポイント還元率の高さというのがあります。

 

そこで今回ポイント還元率の高さ順におすすめのクレジットカードを個人的に選んでみましたので紹介したいと思います。

 

順位 クレジットカード名 ポイント還元率 取り扱いブランド 電子マネーポイント対応 備考
1位 Yahoo!JAPANカード 1.0%~10.0% VISA・JCB・MasterCard Suica・nanaco・ICOCA nanacoチャージポイントはJCBのみ
2位 dカード/dカードゴールド 1.0%~10.0% VISA・MasterCard iD
3位 リクルートカード 1.2%~4.2% VISA・JCB・MasterCard Suica・nanaco・ICOCA・楽天Edy ICOCA・楽天EdyチャージポイントはVISA・MasterCardのみ
4位 エポスカード 0.5%~10.0% VISA Suica・楽天Edy
5位 楽天カード 1.0%~6.0% VISA・JCB・MasterCard Suica・nanaco・ICOCA・楽天Edy nanacoチャージポイントはJCBのみ
6位 Orico Card THE POINT 1.0%~3.0% VISA・JCB・MasterCard Suica・ICOCA
7位 イオンカードセレクト 0.5%~1.0% VISA・JCB・MasterCard Suica・ICOCA・WAON イオン銀行の普通預金金利が0.12%になります
8位 セブンカードプラス 0.5%~1.5% VISA・JCB Suica・nanaco・ICOCA
9位 VIEWカード 0.5%~1.5 VISA・JCB・MasterCard Suica
10位 ライフカード 0.5%~1.5% VISA・JCB・MasterCard Suica・nanaco・ICOCA nanacoチャージポイントはJCBのみ

 

まず栄えある第一位はYahoo!JAPANカードです。

 

これは私も所有してますがポイントの使い勝手の良さ・使う場面を選ばないポイントの貯まりやすさなど、

総合的に見て現時点でトップといえるのではないかと思います。

 

まず通常のポイント還元率でも1.0%貰えますがヤフーショッピングなら誰でも3.0%のポイント還元率にアップします。

さらにヤフーショッピングご利用時にソフトバンクユーザーであればポイント還元率10.0%に、ヤフープレミアム会員ならポイント還元率5.0%です。

 

これだけのポイント還元率が貰えるというのはネットショッピング用のクレジットカードとしては最強の1枚でしょう。

 

またYahoo!JAPANカードはTポイント搭載しているというのが非常に大きいです。

貯まったポイントをTUTAYAでもファミリーマートでもヤフーショッピングでも使えるので利便性が非常に高いです。

 

ヤフーショッピングで貯まったポイントで近くのコンビニでのお買い物を無料にするなんて使い方も出来てしまいます。

 

また電子マネーチャージによるポイントもSuica、nanaco、ICOCAに対応しているので、

色んな使い方でポイントの取りこぼしが無い点も逸品のクレジットカードです。

Yahoo! JAPANカード

Tポイントがザクザクたまる!

 

 

第二位 dカード/dカードゴールド

 

dカード/dカードゴールドはドコモが発行しているという事で「ドコモユーザー専用」というイメージがありますが、

純粋にクレジットカードとして見てもその魅力は他のカードに引けを取らないどころか十分な魅力を持っています。

 

まずdカードの凄いところは「マクドナルド」、「ローソン」という誰もが頻繁に利用する場所で、

ポイント還元率が実質5.0%という高還元率を実現しているところです。

 

この特典はドコモユーザー以外の方ももちろん対象なので全ての人がこれだけお得にお買い物をすることが出来てしまいます。

 

しかも貯まるポイントがdポイントとドコモのポイントなので使い勝手が悪いかと思いきや、

Pontaポイントにも交換できるのでポイントが貯まっても使い道が無いという心配もありません。

 

他にもdポイント加盟店はここ最近街中でもよく見かけるようになってきているのでもはや万人向けのクレジットカードと言えるでしょう。

dカード

 

そしてdカードゴールドですがこちらは完全にドコモユーザー向けの最強クレジットカードです。

 

もしもドコモの携帯電話料金をdカードゴールドをお持ちでないままクレジットカードでお支払しているとしたら、

今すぐ真っ先にdカードゴールドへ入会することをおすすめします。

 

その理由はdカードゴールドの特典であるドコモプレミアクラブの会員ステージが「ゴールドステージ」にランクアップされるからです。

 

このゴールドステージになると自動的にドコモ利用料金の10%がポイント還元されるようになります。

しかもこのドコモ利用料金には「ドコモ光」も対象となるので携帯料金+ネット料金がすべて10%ポイント還元されてしまうのです。

 

さらにすごいのがこのドコモ利用料金の支払いをdカードゴールド以外で支払ってもOKというのがポイントです。

 

その理由は先にも説明した通り10%ポイント還元はドコモプレミアクラブ会員の特典によるものなので、

必ずしもdカードゴールドでお支払いをする必要がありません。

 

これは結構みなさん知らない人も多いのでちゃんと知っておきましょう。

dカード GOLD

 

 

第三位 リクルートカード

 

リクルートカードはどんなシーンでもポイント高還元率を実現してくれる万人向けのクレジットカードです。

その大きなポイントは通常のポイント還元率が1.2%という高い水準に設定されているという事です。

 

その他のカードでは使う場所などによってポイント還元率が5倍になったり、10倍になったりというのがありますが、

それ以外の場所ではポイント還元率の魅力は半減かそれ以下になってしまいます。

 

しかしリクルートカードはどこでもポイント還元率が1.2%という事で基本スペックが非常に高いところが魅力です。

 

電子マネーのSuica、nanacoのチャージでもチャージポイントが1.2%還元されるのは嬉しいところです。

 

またリクルートカードの特徴としてリクルートグループでの利用でポイントがたくさん貯まるという魅力があります。

 

じゃらん、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー、ポンパレモールなどのお得なサービスがありますが、

これらのサービスをリクルートカードでご利用するとポイント還元率が4.2%までアップします。

 

またリクルートカードで貯まったリクルートポイントはPontaポイントdポイントに交換することも可能なのでポイントの使い勝手も問題ありません。

リクルートカード

リクルートカード

 

 

第四位 エポスカード

 

ポイント高還元率のカードとしてエポスカードはあまり馴染みのないカードかもしれません。

 

それもそのはずでエポスカードの基本ポイント還元率は0.5%と決して高くはありません。

 

しかし見方を変えるとエポスカードは隠れた高還元率のクレジットカードとも言える1枚になります。

 

まずエポスカードの最大の魅力は豊富な優待施設でのサービスがあります。

 

飲食店ではピザーラ、魚民、笑笑、シダックス、ロイヤルホストなど、

遊園地やテーマパークでは八景島シーパラダイス、よみうりランド、富士急ハイランド、吉本興業、ハウステンボスなど、

カラオケならシダックス、ビッグエコー、カラオケ館など、

他にも美容・ネイルサロンにスパや温泉など様々なところでカード会員限定の優待を受けることが出来るのです。

 

これらの施設での優待を受けるだけで軽く還元率10%を超えてしまいます。

 

さらにマルイでは「マルコとマルオの7日間」の年4回のバーゲンセールでご利用すると10%割引になるなど豊富な特典が盛りだくさんです。

 

こういった優待特典をうまく利用すればエポスカードは高還元率のクレジットカードとして活躍してくれます。



 

第五位 楽天カード

クレジットカードのポイント火付け役ともなった楽天カードです。

 

楽天カードの魅力は何と言っても楽天グループ利用でのポイントが高還元率で貯まるという事でしょう。

 

楽天市場でお買い物をすればポイントが4.0%~6.0%の高還元率で貯まるため楽天ヘビーユーザーの方に必須の1枚です。

また楽天トラベルや楽天ブックスなどの利用でも高還元率でポイントがもらえます。

 

ただ楽天ポイントの難点がポイントの有効期限が非常に分かりづらいという点です。

せっかく高還元率もらったポイントが期間限定ポイントとなっていて使う前に失効してしまったという経験がある人も多いと思います。

 

この辺の利便性がもっと向上すればポイント高還元率のカードとして上位に来ると思います。

 

また楽天といえば楽天スーパーセールでのお買い物がメインという人もいるでしょう。

楽天スーパーセール用として楽天カードを持っておくという使い方も良いかもしれません。



 

第六位 Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTはその名の通りポイント還元率重視のクレジットカードです。

 

Orico Card THE POINTはカード入会したらいきなり最初の6ヶ月間はポイント還元率を2.0%にしてくれるという大盤振る舞いです。

そのためカード入会したらポイント還元率が高い時期に欲しいものを買っておくことが得策です。

 

また6ヶ月が過ぎてもオリコモール経由でのお買い物をすればポイント還元率が1.5%と高い水準を保っているので、

焦って入会後すぐにカードでショッピングをし過ぎてしまったなんてことにならないように注意してください。

 

Orico Card THE POINTについて以前書いた記事を紹介しますのでこちらも参考にしてみて下さい。

 

 

第七位 イオンカードセレクト

イオンカードセレクトはWAONポイント利用者にとっては必須の1枚ともいえるクレジットカードです。

 

その理由としてはWAONのオートチャージとWAONご利用でポイント2倍貯まるという点が最大の特徴ともいえるカードです。

 

WAON利用の上級者なら当たり前の事ですがイオン銀行からWAONへのチャージで0.5%のポイント還元され、

さらにWAONの利用で0.5%のポイント還元されるため合計で1.0%のポイント還元がされます。

 

イオン利用でならイオンカードセレクトは高還元率のクレジットカードになります。

 

またイオンカードセレクト最大の特徴といえるのがイオン銀行の普通預金金利が0.12%になるという特典です。

こちらは通常の銀行預金金利の12倍に相当する金利設定となりかなり魅力的な特典です。

 

こちらの特典を目的にイオンカードセレクトを作るというというのも十分アリな選択でしょう。



 

第八位 セブンカードプラス

今回ちょっと低めの順位にしましたが今後の発展が個人的には楽しみな一枚がセブンカードプラスです。

 

セブンカードプラスは何と言っても一大電子マネーのnanacoとの相性が抜群のクレジットカードです。

 

またセブンカードプラスは「セブンイレブン」、「イトーヨーカドー」でのご利用ならポイント還元率1.5%という高還元率も実現してくれます。

さらにイトーヨーカドーの8日、18日、28日のハッピーデーならポイント還元率は2.5%という高水準に跳ね上がります。

 

また電子マネーnanacoでしかできない裏技として税金や公共料金のお支払いに利用できるというのがあります。

 

そしてこのnanacoですがnanaocチャージによるポイント付与がここ最近は他のカードで縮小の傾向にあるので、

セブンカードプラスならではの特典になってしまう可能性があります。

 

しかもnanacoオートチャージは今のところこのセブンカードプラスでしか利用できない特権です。

 

そのためnanacoチャージ専用としてこれからも安心して利用できる1枚としてセブンカードプラスを作っておくと良いでしょう。

 

 

第九位 VIEWカード

VIEWカードはSuicaとの相性が抜群のクレジットカードですがそのSuicaチャージが最もお得なクレジットカードです。

 

基本的なポイント還元率は0.5%と低い水準ですがSuicaのチャージではポイント還元率は1.5%という高水準になります。

 

他にもVIEWカードの特徴としてスマホアプリのモバイルSuicaが通常年会費1,030円必要となりますが、

VIEWカードでのお支払なら年会費無料で利用することが出来ます。

 

またVIEWカードならSuicaオートチャージのサービスも利用できるのでとても便利です。

 

ちょっと変わったところではENEOSとENEOSでんきのご利用をしている方なら、

VIEWカードのお支払で通常のポイントの2倍貯まります。

 

ほかにもVIEWカードの特徴について以前の記事で紹介しているので参考にしてみて下さい。

 

 

第十位 ライフカード

最後にご紹介するのはライフカードです。

 

10位だからと言ってポイント還元率が悪いわけではありません。

むしろポイント還元率が高いからこそいろんな他のカードも含めて10位にランクインしていると思ってください。

 

そんなライフカードの特徴としては誕生日月のご利用分が通常の3倍にあたるポイント還元率1.5%になるところです。

これは自分だけの特典という特別な感じがしてちょっと嬉しい特典ですね。

 

また年間のご利用金額に応じてポイント還元率がアップするLIFEサンクスプレゼントというシステムがあり、

最高で200万円以上ご利用すればプレミアムステージ特典としてポイント還元率が1.0%にまでアップします。

 

あとがき

以上、ポイント還元率の高さで選ぶ厳選したクレジットカードを10枚紹介しました。

 

今回紹介した情報の中には公式サイトに載っているという情報もあれば意外と利用している人にしか分からない情報などもあったりします。

 

クレジットカードは各社さまざまな特典やサービスを揃えておりそれらを上手に活用するには、

公式サイトだけでは分からない情報なども調べてみることが重要です。

 

またクレジットカードの魅力はポイント還元だけではなく付帯するサービスも大きな魅力の一つでもあります。

ただポイント還元率もクレジットカードの大きな魅力であることも事実です。

 

今回紹介したクレジット―カード達はポイント還元率を重視して選びましたが付帯するサービスも考慮して選んでみました。

 

またいずれのカードも年会費無料、または利用することで年会費が無料になるというカードばかりです。

 

これらのクレジットカードをまだ持っていないという方はぜひ1枚選んでみて試しに使ってみると、

クレジットカードを使う楽しさや便利さ、お得な魅力などを感じてもらえると思います。

 - dカード(旧DCMX), nanacoカード, REXカード, VIEWカード, Yahoo!JAPANカード, イオンカード, エポスカード, オリコカード, ライフカード, リクルートカード, 楽天カード