プレミアムカードのサービスは都市部に住む以外の人が持つメリットは意外と少ないという事実

クレジットカードには一般カードやゴールドカードなどのランクがあり、

ゴールドカード以上のプラチナ、ブラックなどのプレミアムカードには、

一般カードには無い高級レストランや高級ホテルでの割引やサービスなどの特典などが多数用意されています。

・・・・が、実際にこのレストランやホテルでのサービスを利用したことがあるという人は少ないのではないかと思います。

特に地方にお住まいの方にとってはこういったサービスを利用しづらいという難点があります。

その理由は・・・サービスを利用できるレストランやホテルのある場所が都市部に集中しているからです。

東京や神奈川、大阪、名古屋、福岡など人口も多く主要都市となっている所や、

北海道、沖縄など観光地としても発展しているようなところではサービス対象となるレストラン、ホテルがいくつかありますが、

それ以外の都道府県になると一気に利用できる場所が減ってしまいます・・・。

へたをすると1県に1か所もサービスを利用できるところがないなんてこともあります。

せっかく高い年会費を払ってプレミアムカードを作っても、

レストランやホテルでの特典が利用できないというのはデメリットになってしまいますね。

そのため都市部以外の所にお住まいの方で出張や旅行でも上記のような都市部に滅多に行くことが無い場合は、

ゴールドカード以上のプレミアムカードを持つメリットというのはあまりないかもしれません。

ただし、「利用可能金額を上げたい」とか「空港ラウンジを利用したい」とか「旅行傷害保険を手厚くしたい」

さらには「とにかくステイタス性が欲しい」などの目的であればプレミアムカードを作るメリットは十分にあると思います。

どうしても都市部にお金持ちの人が多いというイメージからサービスも都市部に集中してしまうことは仕方がないことかもしれませんが、

個人的には地方でも魅力的なレストランや料亭なども多くあるのでそういった所でもサービスが利用できるようになると、

プレミアムカードを作る人も増えると思いますしプレミアムカードを持つメリットも増えると思うのですが。

それに地方にも十分お金持ちの人もたくさんいるのでサービスを手厚くすることはクレジットカード会社にとっても良いことだと思うのですが。

これは今後のクレジットカード会社にとっても課題だと個人的には思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする