クレジットカード・ポイント回覧板

クレジットカード豆知識 ~地道な節約よりもクレジットカードを使う方が効果絶大~

      2017/07/23

節約をされている方は身近な節約方法として支出を抑えるために近所のスーパーで特売品を買ったり、

クーポンの利用やポイントを集めたり、また家計簿をつけて支出を管理したりといった方法などがあると思います。

 

世の中にはさまざまな節約方法があると思いますがクレジットカードが節約方法として紹介されることは少ないと思います。

 

むしろクレジットカードは浪費を加速させる悪しき存在とすら思われていることすらあり、

節約とは無縁のものとして扱われることもあります。

 

では本当にクレジットカードは節約に効果のあるものなのか?

 

いくつか例を挙げながら紹介していきたいと思います。

 

・節約で安いものを買うようにしている

 

まずあらかじめ言っておきますが無駄に高いものを買うよりも安い方を選ぶ方が間違いなく賢い選択です。

ただ本当に欲しいものを我慢して安いものを選ぶというのは良い選択とはいえません。

 

たとえば5,000円の商品と4,800円の2つの商品があったとします。

 

本当に気に入っているのは5,000円の方ですがちょっと気に入らない方が4,800円の場合、

節約している人であれば4,800円の商品を選んでしまうと思います。

 

ただその差は200円で5,000円の商品に対して4%です。

 

一般的にクレジットカードは買い物した際にポイント還元というサービスがあります。

ポイント還元率はクレジットカードによって様々ですが平均的に約1%くらいのポイント還元率を持っています。

 

もし5,000円の商品をクレジットカードで購入した場合約1%ポイント還元されれば実質4,950円という事になります。

 

更にクレジットカードによっては利用する店舗やサービスによりポイント倍増などもあります。

 

主なところではアマゾン、Yahoo!ショッピング、楽天、ユニクロ、DHCなどは、

どのクレジットカードでもほぼ100%ポイント倍増サービスがあるといっていいでしょう。

 

もしポイントが倍増されて還元率が2%になれば5,000円の商品が4,900円になり100円安くなります。

ただクレジットカードを使って買い物するだけでこれだけの節約になってしまうのです。

 

もし4,900円と4,800円の商品と考えたら同じ4千円台で100円の差となり、

少し高くても本当に欲しい方を選ぶのではないでしょうか。

 

・クーポンやポイントを頻繁に利用している

 

支出を抑えるために割引クーポンの利用やポイント集めをしたりする人も多くいると思います。

 

利用したいサービスに都合よく割引クーポンがあったり、

どこでもポイントカードがあればいいのですが場合によってはクーポンが無かったりポイントカードが無かったりします。

 

割引クーポンも店舗やサービスによってどこにあるのか分かりにくく探すのが非常に大変ですし都合よく使えなければ不便なだけです。

 

たくさんクーポンが揃っていてしかもお得なものが一つだけあれば一番便利ですよね。

 

身近に使えるクレジットカードのクーポンサービスとしてお勧めしたいのはセゾンカードの「トク買」三井住友カードの「ココイコ!」です。

 

 

セゾンカードの「トク買」は月額300円かかるため完全無料のサービスではありませんが、

映画1回見れば元が取れてしまうくらいの割引サービスが揃っているので非常に便利です。

 

三井住友カードの「ココイコ!」はキャッシュバックやポイント倍増がもらえるサービスが多数揃っています。

特にキャッシュバックは使った分だけ戻ってくるお金が増えるのが嬉しいところです。

 

また店舗などで発行しているポイントカードが無いところではいくら買い物してもポイントが1円もついてこない・・・。

これはさすがにちょっと悲しいですよね。

 

またポイントカードですがお財布の中に多数のポイントカードがあると見つけるのも大変ですしお財布の中もぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

でもクレジットカードなら国内でも海外でもどこで使ってもクレジットカードに付帯するポイント還元率が付いてくるので非常にお得です。

 

おまけに店舗のポイントカードも使えればダブルでポイントを稼ぐことが出来ます。

 

よく利用する店舗のポイントカードは作っておいた方がいいですが、

ポイントカードが無いところや旅行先などで利用する場合にはクレジットカードで確実にポイントを貯められるのがベストです。

 

・家計簿をつけて支出を管理する

 

まず始めに家計簿をつける人にとっては当たり前かもしれませんが、

買い物等で利用したレシートなどを取っておくことはクレジットカードを利用する場合でも非常に重要です。

 

クレジットカードの使いすぎに陥りやすい人はレシートなども取っておかず毎月いくら使ったのかを把握していない人です。

 

ではレシートをとっておきそれらをノートなどに書き写していくというのは時間も勿体ないですし非常に面倒です。

(なかにはこれが楽しいという人もいるかもしれませんが)

 

いまではパソコンで家計簿をつけることも可能ですが、

クレジットカードなら毎月いつ、どこで、いくら使ったのかをカード会社がご利用明細として毎月まとめてくれるのです。

 

さすがに何を買ったのかという一つ一つの商品までは分かりませんがこれだけ分かれば家計簿として十分だと思います。

 

家計簿がつけられないという人でもカード会社が自動的に支出表を作ってくれるのであれば簡単で便利です。

 

以上、クレジットカードが節約に効果絶大という記事でしたが、

これだけのメリットがあるのに皆さんなぜクレジットカードを使わないのか?

 

個人的な見解ですが恐らくその理由は日本の悪しき文化で「みんなが使っているものに合わせてしまう」という傾向があると思います。

 

日本では現金支払いが主流のため日常の支払いにカードを使うことにまだ抵抗があると思います。

 

記事を読んでみんながクレジットカードを良いものと思ってくれるかは分かりませんが、

良くないものでもみんなが使っているからと選んでしまったりしているのではないでしょうか?

 

「みんなが現金を使っているからカードを使わない」というのであれば非常にもったいないです。

 

いまでは年会費無料のクレジットカードも多数存在しています。

家計を助けてくれるクレジットカードを賢く使って無理なく節約をしていきましょう。

 - 豆知識