クレジットカード作ったままで使っていないカードが眠っていませんか?

クレジットカードを作ったにも関わらず1年以上使っていないままのカードや、

何の目的で作ったのかも分からないようなカードが手元に残っているという方おりませんか?

管理がしっかりしている方にとってはそんな人はきっといないと思われるかもしれませんが、

意外とそういう人はけっこう多いようです。

現在日本国内で発行されているクレジットカード枚数は約2億6600万枚!

これだけのクレジットカードが発行されていながらも、

街でクレジットカードを利用しているところを見かける機会は少ないです。

というのもそもそも日本においてまだクレジットカードによる支払の文化が根付いていません。

それなのに保有枚数は多いということは実際には利用されていないカードが多く眠っているということです。

また、たまたま作った良くわからないけどカードだけどVISAと書いてあるから

どこでも使えるしそのまま使っているなんて方もいると思います。

そういった方は4月にカードの見直しをして解約・カードの変更などをすることをオススメします。

なぜ4月がいいのかというと新年度の始まりは入学・入社や転勤など生活が大きく変わることが多く、

それに伴いカードの入会なども増えるためクレジットカード各社も新規顧客を狙ったキャンペーンを多く開催するからです。

クレジットカードは定期的に見直し 新年度が狙い目

同じカードを作るのであっても入会するタイミングで特典の内容も異なってくるので、

出来るだけ入会特典が豪華な時にカード入会するほうがお得です。

また今まで利用していたクレジットカードよりも自分にピッタリ合ったサービスのカードに変えることで、

より多くのクレジットカードの特典を利用できる可能性も大きくあります。

カードのサービスというのは常に進化しているので同じカードを利用し続けるのではなく、

他のカードに切り替えるということはカードのメリットを最大限利用するためには非常に大切です。

他にもカードを見直すことで不要なカードの破棄などをすればカードの不正利用の防止にもなります。

4月という新年度を節目に手元にあるカードを整理して新たなカードに切り替えてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする