クレジットカードで払える公共料金、その他お支払いをご存じでしょうか?

コンビニでも使えて電子マネーなどの支払い方法に利用できるクレジットカードは、

現代社会においてもはや生活の一部ともいえます。

普段の買い物以外にもクレジットカードは様々なお支払いに利用することができます。

すでにご存じの人も多いかと思いますが改めておさらいとして挙げると以下のお支払いがクレジットカードで支払いすることが可能です。

・電気料金

・ガス料金

・水道料金

・電話料金(携帯電話、PHS)

・放送料金(NHK、ケーブルなど)

・新聞購読料金

・プロバイダー料金

・国民年金保険料

・自動車税

・ふるさと納税

・賃貸住宅家賃

ご契約している内容によっては一部例外などもあると思いますが、

これだけのお支払いがクレジットカードで支払いすることが可能です。

(一部では学校受験の費用支払いまでクレジットカードが対応可能となっています!)

銀行からの引き落としや銀行振り込みなどでもいいという方もいるかもしれませんが、

クレジットカード支払いのメリット銀行振り込みなどの手数料が発生しないということと、

カード支払いによってクレジットカードのポイントを貰うことができるということです。

銀行振り込みや銀行引き落としでポイントが貯まるというサービスも一部で増えてきましたが、

クレジットカードのポイントのほうがポイントの貯まりやすさ、ポイント利用のしやすさではメリットが大きいです。

また引っ越しなどをした際の手続きにおいても銀行振り込みや引き落としの手続きをするよりも、

クレジットカード1枚で手続きをする方が簡単で手続きもスムーズに進めることができます。

クレジットカードは絶対に無くてはならないというものではありません。

でもクレジットカードがあることで生活が便利になる瞬間というのは数多くあります。

便利で安全になるかどうかはクレジットカードそのものよりも持つ方の使い方次第です。

クレジットカードを持つことが不安という方もいるかもしれませんが、

自分のライフスタイルに合わせて無理なく使うことができればお得で便利なツールの一つとなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする