イオン銀行が指紋+静脈だけで認証可能なシステムを導入。クレジットカードでも応用できそうなので今後主流になってくるかもしれません。

先日イオン銀行がキャッシュカード不要で指紋と静脈のみで本人認証ができるシステムを導入することを発表しました。

イオン銀行、一部店舗で指紋+静脈による認証だけで取引可能に

これまでキャッシュカードやクレジットカードというのは本人確認をする時に暗証番号を入力するというのが主流でした。

しかし、たくさんのカードを持っている人にとっては1枚1枚の暗証番号を覚えておくというのは非常に難しいことです。

セキュリティ上では暗証番号をそれぞれ変えることでセキュリティ性が向上するというのがあると思いますが、

実際には同じ暗証番号をいくつものカードで利用している人がほとんどだと思います。

そのため暗証番号が見破られてしまったらいくつものカードで不正利用の被害に遭ってしまう可能性が非常に高いです。

これはクレジットカードに限らず他の多くのサービスでも言えることでしょう。

ある意味で暗証番号だらけというのがいまの世の中です。

指紋認証が普及すれば多くの暗証番号が不要になる

不正利用は怖いけれども暗証番号をいちいち変えるのは面倒。

こんな風に考えるのは私だけではなく多くの人が同じ意見だと思います。

暗証番号をそれぞれ変えてしまうと万が一暗証番号を忘れてしまった時には本人である自分自身ですらも利用する事ができなくなってしまいます。

暗証番号の管理というのはそれくらい面倒なものです。

しかし、指紋認証となれば常に自分の指先にある唯一無二のものなので忘れることも無ければ覚えておく必要すらありません。

指紋認証という技術自体はスマートフォンなどでもロック解除の方法として普及している技術なので、

技術導入自体のハードルというのは非常に低いと思います。

なによりクレジットカードなどの不正利用の被害が減るということであればクレジットカード会社としても損害補償が減るためメリットの方が多いはずです。

クレジットカードではJCBとマスターカードが口火を切りそうな予感

では、クレジットカードに実際に指紋認証が導入されるのか?

すでに一部のクレジットカードでは指紋認証の導入が正式発表されています。

そのうちの一つがJCBカードのF-Codeというカードです。

IDEMIA、生体認証決済カード「F-Code(エフコード)」ペイメントカード導入でJCBと提携

こちらはバイオメトリクス決済カードということで指紋によって本人確認を行うというクレジットカードです。

正式な導入開始時期は発表されていませんが近い将来にはJCBカードの中から指紋認証機能付きのクレジットカードが出てくる可能性は非常に高いです。

そしてもう一つは以前記事でも紹介したMasterCard(マスターカード)です。

マスターカードはいち早く指紋認証搭載カードのテストを発表していたのでクレジットカードの中でも最も導入が期待できるカードブランドです。

ちなみにVISAカードでも「VISA ID Intelligence」としてクレジットカードに指紋認証を取り入れようとしている動きがあります。

Visa社、「VISA ID Intelligence」プラットフォームの生体認証サービス提供企業にアイルランドのDaon社を選定

世界最大のクレジットカードブランドのVISAが指紋認証を導入する流れとなったら他のクレジットカードにも一気に普及していくでしょうね。

近い将来クレジットカードに限らずキャッシュカードなどでも指紋認証が普及していくようになれば、

暗証番号による本人確認の認証方法というのは過去のものになっていきそうですね。

ただ、利用者側からすれば暗証番号よりも指紋認証の方がユーザーフレンドリーな方法だと思います。

また指紋認証となればセキュリティ性も格段に向上するのでクレジットカードの不正利用の心配も無くなるので、

ぜひ、早く導入して欲しいと思うのが個人的な意見です。

以上、イオン銀行が指紋+静脈だけで認証可能なシステムを導入。クレジットカードでも応用できそうなので今後主流になってくるかもしれません。の記事でした。

読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする