ついに「神社」でクレジットカードを作る時代がやってきた!

このニュースを読んだ時にはエイプリルフールのニュース化と思いびっくりしましたが、

冗談でも何でもなくて本当のニュースでした。

そのニュースというのが茨城県鹿嶋市にある「鹿島神宮」がクレジットカードを発行するという事。

今までクレジットカードと言うのは小売店や企業などが提携して発行するカードが主なカードでしたが、

ついに神社という日本の伝統的な文化においてもクレジットカードというものが利用されるようになったことに衝撃すら感じました。

クレジットカードは「神社で選ぶ」時代がやってくる?

では一体この「鹿島神宮カード」にはどんなサービスがあるのか?

一般的なカードではお買い物するごとにポイントが貯まったり店舗での割引サービスをしてもらえるというのが一般的です。

しかしこの鹿島神宮カードというのはそうったサービスは一切ありません。

その代わり神社で行われる式年大祭である「御船祭」の斎行資金援助や、

神社に奉納されている文化財の保護に役立てれるという目的があります。

そのためクレジットカード入会に掛かる年会費は無料ではなく、

一般カードで五千円、ゴールドカードで一万円となっております。

これらの資金が地域の伝統行事、文化遺産の保護に役立てられるというわけです。

なおカード保有者の方は鹿島神宮でカードを提示すると神職が境内を案内してくれるというサービスや、

重要文化財の眠る宝物館へ無料で入場できるというユニークなサービスもあります。

また神社の発行するカードというだけありきちんとお祓いまでして頂けるという、

まさに縁起物のカードともいえるとカードだと思います。


個人的には茨城県鹿島市という地域は非常に好きなので、

ここ最近のカードでは最も興味をそそられる、そして欲しいカードの1枚です。

特に地元が鹿嶋市という方でいまは離れて遠くの地に住んでいるという人にとっては、

離れていても地元に貢献できるというメリットもあります。

クレジットカードと言うのは単にお買い物を安くするためのものではなく、

その土地の文化に貢献する手段の一つにもなるという事に目から鱗が落ちる気持ちになりました。

興味のあるかたは是非ご入会をして見て下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ
ポイント還元率の高いクレジットカードで節約を考えている方は
コチラ