こんな人はNG!クレジットカードを作らない方がいいというタイプの人

このサイトではクレジットカードの便利な機能やサービスを紹介しているので、

出来るだけ多くの人にクレジットカードの魅力を知って欲しいというのが本音です。

しかし誰にでもクレジットカードをお勧めするわけではありません。

なかにはクレジットカードを作らない方がいいというタイプの方もいます。

今回は敢えて「こんな人にはクレジットカードは向かない」という特徴を紹介しようと思います。

・毎月の収支をしっかりとチェックしない

これはもはやクレジットカードでも現金でも大前提と言える話です。

ただ現金であれば手持ちのお金が無くなっていくので必然的にお金が無くなれば使えなくなります。

しかしクレジットカードでは手持ちのお金が無くならずカードの利用実績に反映されていくため、

毎回のお買物でレシートなどをしっかりとチェックまたは管理しないと使い過ぎの危険性があります。

・頻繁に分割払い、リボ払いやキャッシングを利用している

分割払いやキャッシングというのはクレジットカードの持つ機能なので利用すること自体に問題はありません。

高額な商品を購入する場合などは分割払いを利用することは誰にでも経験あると思います。

またキャッシングも海外などでは利用するケースもあると思います。

ただし分割払い、リボ払いやキャッシングを頻繁に利用するような使い方は禁物です。

こういう方はご自身の収入以上の出費をしている可能性があるので、

あとになってご利用金額が払えないなんて事態に陥ってしまうかもしれません。

特にリボ払いは特別な事情がない限り極力使わないようにしましょう。

・ギャンブルの支払いをクレジットカードにしている

これは本当に危険なので絶対にやめましょう。

今はクレジットカードで入金できるシステムが多くなってきましたが、

FXや競馬などのご利用をクレジットカードにしていると使い過ぎになる可能性が非常に大きいです。

どうしてもギャンブルをする場合はクレジットカードではなく現金にして、

自分の中で限度額を決めて持ち金以上使わないようにしっかりと自己管理をしてください。

・ポイントを増やすことと使うことを意識し過ぎている

クレジットカードを利用するメリットの一つとしてポイントが付いてくるというのがあります。

ポイントは上手に使えば節約にもなり家計を助けてくれますが、

ポイントを増やすことを意識するあまり不要な物を買ってしまっては本末転倒です。

またポイントには有効期限の決まっているものもありますが、

こういったポイントを使おうとするあまり買い物をし続けることも良くありません。

・複数枚のカード所有しそれらすべてを頻繁に利用している

これはちょっと特殊なケースですがカードを多数所有している人も中にはいると思います。

私自身も10枚ほどのクレジットカードを所有しています。

しかし日常的に利用しているカードはこの中でも1枚か2枚ほどです。

その他のカードは月に1回使うことがあるか無いかというのがほとんどです。

もしこれら10枚のカードを頻繁に利用するとそれぞれのカード利用明細を管理しなければなりませんが、

現実的に考えても10枚のカードを毎月管理するなんてことは面倒で時間も掛かるためデメリットしかありません。

また複数枚のカードを所有しているとその利用限度額の合計は高額になると思います。

万が一使い過ぎに気がつかないと翌月に明細を見て真っ青になってしまうので要注意です。

以上、かんたんに「こんな人にはクレジットカードは向かない」という特徴を並べてみました。

該当する項目があったという方はこの機会に使い方を見直してみて下さい。

クレジットカードを使う上で一番大切なのは「ご利用金額をチェックして自己管理をしっかりとする」ことです。

これが出来ればクレジットカードはあなたの生活を便利で豊かにしてくれる良い道具になるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする