クレジットカード・ポイント回覧板

【解説】セゾンアメックスっていろいろ種類あるけどそれぞれどれがどう違うの!?

      2017/08/20

セゾンカードが発行しているセゾンアメックスシリーズ。

 

それぞれカラーでランク分けされておりパール、ブルー、ゴールド、プラチナの順にランクアップしていくようになっています。

 

ではそれぞれのランクでサービス内容がどう違っているのか詳しく見てみましょう。

 

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,000円のカードです。

 

ランクが一番低いカードですが基本的なサービスは揃っているので一番おすすめのカードとも言えます。

カードの特徴を一言でいうとセゾンカードとアメックスの良いとこ取りをしたカードです。

 

ショッピング特典では毎月5日・20日の西友・LIVINお買い物感謝デーで5%OFFになったり、

美容エステ特典ではエルセーヌ、リフレーヌ、ヘアサロンAshで最大50%OFFの割引特典があったりします。

 

また空港でのコートお預かりサービスの優待価格や海外用Wi-Fi、携帯電話レンタルサービスの優待価格など、

旅行でもつかる特典が満載なのはアメックス譲りのサービスと言えるでしょう。

 

またセゾンカードのポイントプログラムの永久不滅ポイントが貯まるのは当たり前ですが、

アメックスブランドを持っていることでアメックス会員が利用することが出来る優待サービス、

アメリカン・エキスプレス・コネクト」、「アメリカン・エキスプレス・セレクト」が利用できるのが大きなポイントです。

 

 

これだけの特典が揃っていてカード年会費が1,000円というのはコストパフォーマンスが非常に高いです。

初めてのカードとしてもおすすめですしメインカードに持っても十分活躍してくれる一枚です。


年会費 1,000円
家族カード 4枚まで(無料)
旅行傷害保険 なし
空港ラウンジ利用 なし
SAISON MILE CLUB利用 なし

 

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

ちょっと上がって年会費3,000円のカードです。

 

このカードの特徴としては国内・海外での旅行傷害保険が付帯されているというのがあります。

(最高3,000万円まで)

 

これ、いざという時にあるのと無いのでは雲泥の差があります。

 

この保険は旅行中にケガや病気などになった時の費用を保証してくれるものですが、

特に海外で病気になってしまって入院や治療を受けたときに絶大な効果を発揮します。

 

海外などで病院へ行き治療などをしてもらうと下手すると、

日本円で数百万円くらいの医療費が請求されることも珍しくはありません。

 

なので補償が数千万円付いているから安心というよりは

むしろ海外の医療費を考えると妥当な金額設定です。

 

なので海外などに行かれる方はこちらのセゾンブルー・アメックスのカードにした方が良いでしょう。

 

ちなみに空港での手荷物無料宅配サービスが付いているのでこちらも便利です。




年会費 3,000円
家族カード 4枚まで(1枚につき1,000円)
旅行傷害保険 最高3,000万円まで
空港ラウンジ利用 なし
SAISON MILE CLUB利用 なし

 

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

グッと上がって年会費10,000円のステイタスカードになります。

 

パール、ブルーは誰にでもお勧めできるクレジットカードというイメージでしたが、

年会費10,000円を超えるカードとなると誰にでも勧められるものではありません。

 

年会費10,000円というのはステイタスカードの仲間入りをする一つのボーダーラインかなと個人的に思います。

 

そしてやはりセゾンゴールド・アメックスはサービスが一気に充実してきます。

 

まず最大の特徴は国内・海外空港ラウンジサービスが利用できるようになることです。

空港ラウンジを利用したいという人はもうこれだけカードに入会する価値があります。

 

また世界中のラウンジ利用が出来るプライオリティパスに優遇年会費で入会できるところもポイントが高いです。

 

ほかにも国内・海外旅行傷害保険の補償額が5,000万円にランクアップします。

 

細かいところでは毎月第1土曜日、日曜日のパルコでのお買い物が5%OFFになる優待特典や、

コナミスポーツを法人会員価格で利用できるようになったりします。

 

さらに宿泊サイト一休.comのプレミアサービスの特典利用ができるなどちょっとリッチなサービスが満載です。

 

またショッピングでJALマイルが貯まるSAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)が利用できるようになるのも大きな特徴の一つです。

 

こちら別途年会費が4,000円掛かってしまいますが1,000円ご利用ごとに10マイル貯まるので、

お買い物分で逃さずマイルを貯めたいマイラーの方にはおすすめのサービスです。



年会費 10,000円
家族カード 4枚まで(1枚につき1,000円)
旅行傷害保険 最高5,000万円まで
空港ラウンジ利用 可(プライオリティパスは別途費用発生)
SAISON MILE CLUB利用 可(年会費4,000円別途)

 

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

 

一気に高くなります。年会費20,000円の最上級クラスのカードです。

 

ここまで年会費が高くなるとお勧めできる人も限られてきます。

一言で言えば出来るビジネスマン向けのクレジットカードです。

 

まずプラチナ限定で2つのサービスがあります。

1つ目はentree(オントレ)という一流ホテル・レストラン、スパのご優待価格、またショッピングでの配送サービスなど、

贅沢な特典が満載のサービスを利用できるようになります。

 

2つ目はセゾンプレミアムゴルフサービスです。

こちらは名門コースの利用やプロゴルファーを招いたイベントに参加できる「スポニチゴルファーズ倶楽部」への入会が出来るサービスです。

ゴルフをされる方、ゴルフ好きの方には魅力的なサービスですね。

 

その他の特典としては会員専用のカードデスクサービスが利用可能となり、

24時間365日プラチナ会員限定のコンシェルジュサービスが利用できるようになります。

 

またゴールドカードでは一部有料だったプライオリティパスとセゾンマイルクラブが完全無料でご利用できるようになります。

これだけでゴールドカードとの年会費差額分はほぼ十分に元が取れると思います。

 

また東京23区内であれば羽田空港・成田空港からのハイヤー送迎が優待価格となる、

ハイヤー送迎サービスご優待などもあります。

 

他にも1日何名様限定など通常泊まることのできないようなホテルなどに予約できる、

スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドというサービスをご利用することも出来ます。

スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド公式サイト(もはや会員の方しか分からない謎のサービスですね)

 

他にも海外での困りごとを日本語でサポートしてくれる海外アシスタンスデスクや、

ミシュランガイドに載るようなレストランでのイベントに抽選でご招待してくれるDramatic Time!など、

プラチナ会員のサービスは紹介しきれないくらいたくさんあります。

(なかには弁護士紹介サービス・・・という富裕層ならではのサービスまで用意されています)

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは医師や弁護士、または一流企業にお勤めの方などにはお勧めできる一枚です。



年会費 20,000円
家族カード 4枚まで(1枚につき3,000円)
旅行傷害保険 最高1億円まで
空港ラウンジ利用 可(無料)
SAISON MILE CLUB利用 可(無料)

 

 

以上、セゾンアメックスカードの紹介でした。

 

それぞれのランクごとに特徴がありますのでみなさん自分に合った1枚を選んでみて下さい。

 

特にアメックスが欲しいけどプロパーカードは年会費が高いと思っている方は、

セゾンアメックスにした方が年会費も抑えられてカードのサービスも充実させることが可能です。

(事実プロパーのアメックスゴールドよりセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの方が特典満載です!)

 

「ゆくゆくはプロパーのアメックスブラックカードを目指すんだ!」という以外の方には、

セゾンアメックスのほうが費用対効果が高いのでおすすめです。

 - アメリカン・エキスプレスカード, セゾンカード