クレジット・キャッシュカードポイント回覧板.com

1枚は持っておくべきVISAカード!VISAカードなら三井住友VISAカード!!

   

クレジットカードを1枚だけ持つとしたらどのカードを持つか?

そう考えたときにあなたならどうやってそのカードを選びますか?

 

おそらく多くの人が1枚のカードでいろんなところで使える使い勝手の良いカードにすると思います。

そんな使い勝手の一番いいカードを選ぼうとすると必然的にVISAブランドのカードに絞られてくると思います。

 

VISAブランドで絞った後にカードのセキュリティやサービスなど信頼性や利便性を考えると、

最も安心して利用できるのは「三井住友VISAカード」がやはり残ってくるのではないでしょうか。

国内最大手のカードブランドという人気がそのすべてを物語っているともいえます。

 

三井住友VISAカードの良さの一つに抜群のカードサービスにあると思います。

クレジットカードのポイントサービスは説明不要で貰えますし、

ポイントUPモールでは人気のアマゾンやYahoo!ショッピング、楽天でお買い物してポイントをたくさん貰うこともできます。

 

他にもココイコでは街のお店でのお買い物もポイントUPやキャッシュバックなどの特典も提供されます。

 

さらに電子マネー決済でもiDはもちろんのことApple Payの対応もしており、

時代の流れに合わせて必要なサービスを柔軟に取り入れているところは三井住友VISAカードの良いところです。

 

またセキュリティ面においてはICチップワンタイムパスワードの導入など早くから対応しており、

他にも不正利用の保証や海外での障害補償も充実しているので利用者の安全に対しても万全の体制をとっています。

 

海外で現金の盗難に遭っては悪用されても補償されることはないですが、

クレジットカードならカード会社が利用状況を監視してくれているのですぐにカードの利用停止などをすることも可能です。

 

さらに三井住友VISAカードでは顔写真付きのカードというのも発行しています。

カード利用時にサインだけでは偽造されて悪用されてしまうという方には顔写真というのはとても効果的です。

盗難に遭ってもすぐにカードを悪用されることを未然に防ぐこのサービスは三井住友VISAカード独自のサービスです。


また三井住友カードはVISAブランドのカードだけではなくMasterCardブランドのカード発行も可能です。

 

三井住友カードには「デュアル発行」というサービスがあり、

こちらを利用すると追加でMasterCardブランドの発行をしてもらうことも可能です。

 

VISAブランドのカードシェアは世界で約58%と圧倒的ですがMasterCardブランドも約26%と世界第二位のシェアを占めています。

つまりVISAとMasterCardを持っていれば世界の約84%のところで利用できるということになるのです。

 

三井住友VISAカードと三井住友MasterCardを持っていればほぼすべての地域で利用可能ということになるのです。

 

なおクラシックカードでデュアル発行をした場合の2枚目の年会費は250円が別途掛かります。

 

さらに今ではアメリカに次ぐ経済大国ともいえる中国では、

中国の国内ブランドである「銀聯(ぎんれん)カード」というのが多く流通しています。

 

この銀聯カードも三井住友VISAカードでは発行することが可能なのです。

 

旅行やビジネスで中国を含めた海外へ行く方にとっては心強いサービスの一つです。


すでにお分かりかもしれませんがいろんなカード会社のクレジットカードを持つ必要なく、

三井住友カードだけでほぼすべての地域での利用可能というのは特筆すべき点だと思います。

 

安心と信頼、さらに伝統もありながらも時代に合わせてユーザーフレンドリーな

三井住友VISAカードは是非1枚は持っておきたいカードです。

 - 三井住友カード