クレジット・キャッシュカードポイント回覧板.com

【知っておくと便利!】海外通販サイトでのお買い物時の住所、お支払方法登録

   

クレジットカードを利用すると便利になるものの一つとして、

海外通販サイトでのお買い物時のお支払をクレジットカード決済出来ることがあります。

 

日本のショッピングサイトであれば銀行振り込みなどでも決済できますが、

海外のショッピングサイトだと海外の銀行への送金などめちゃくちゃ手間がかかるので、

その点クレジットカードは非常に便利です。

 

ただし・・・海外のショッピングサイトで購入するには当たり前ですが住所なども英語で登録するのが一般的です。

海外の通販サイトで購入してみたいけど英語がちょっと苦手・・・・というだけで敬遠されている方もいるかもしれません。

 

でも実際には馴れればそれほど難しいことではありません。

ここでは押さえておきたいポイントを紹介するのでこれを見ればほとんどの海外通販サイトで入力に迷うことがありません。

 

まずは名前ですが日本の場合苗字→名前の順番ですがこれを逆に考えればいいのです。

つまり名前がFirst苗字がLastです。

 

名前(名):First Name 例)Taro

苗字(姓):Last Name 例)Suzuki

 

 

ちなみにFull Nameという入力欄であれば通常通り名前→苗字の順番で入力すればOKです。

例)Taro Suzuki

 

ちなみにミドルネームの入力欄があった場合には入力しなくてもOKです。

 

次に住所ですがこれもちょっと面倒ですが馴れれば大丈夫です。

住所も基本的には名前と同じで逆に書いていくと覚えて下さい。

 

まず海外なので国名から入力が必要です。

国名は大体ドロップダウンで選択式になっているのJapanを探すだけです。

 

国名:Country

例)Japan

 

次に郵便番号も入力しましょう。

 

郵便番号:Zip CodeまたはPostal Code

例)123-5679

 

次に住所ですが表記の方法がショッピングサイトによって違うことが多いので気を付けて下さい。

一般的な表記であれば以下のようになっています。

 

都道府県:StateまたはProvinceまたはRegion

例)Tokyo

 

区市町村群:City

例)Shinagawa-ku

 

住所:Address

例)#209 ,Misato building,7-10,Hiro-machi

 

(上記は ”東京都品川区広町7-10 みさとビル209” を例にした場合の入力例になります)

 

ちなみに住所が2つに分かれていた場合は建物名を別に記載します。

 

住所:Address Line 1

例)7-10,Hiro-machi

 

建物名:Address Line 2

例)#209 ,Misato building

 

あと連絡先の電話番号は国番号からの入力が必要です。

 

電話番号:Phone Number

例)+81-123-456-789(0123-456-789)

 

携帯電話:Mobile Phone

例)+81-80-1234-5678(080-1234-5678)

 

+81が日本の国番号となっています。

 

最後にメールアドレスですがこれはお馴染みなので簡単ですね。

 

メールアドレス:Mail Address

例)oversea.shopping@gmail.com

 

 

ここでちょっと一休みでコーヒーブレイクしたら今度はクレジットカードの情報を入力します。

 

まずはカードブランドの選択です。

こちらも主にドロップダウンなどのメニューからの選択になります。

 

カードブランド:Credit Card Type

例)VISA、Master Card、American Expressなど

 

(ここでJCBが無い場合もあるかもしれませんが海外通販サイトだとおそらくJCBを取り扱っている確率は低いです)

 

次にカード番号の入力です。

これはもう世界共通なので変わりありません。

 

カード番号:Card Number

例)0123-4567-8901-2345

 

つぎはセキュリティコードですがこれはカード裏面に記載されている3ケタの数字になります。

 

セキュリティコード:CVS#

例)123

 

次にカード名義人としてカードに刻印されている名前の入力です。

 

カード名義人:Name on Card

例)TARO SUZUKI

 

最後にカードの有効期限を入力してください。

 

カード有効期限:Expiration Date

例)07/20(2020年7月)

 

あとは決定ボタン(Send/ Submitなど)を押せば購入手続きは完了します。

これで商品が無事に届くのを待つだけです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

最初はちょっと馴れない事で面倒だと思いますが、

海外通販も利用できるようになるとショッピングの幅は大きく広がります。

 

日本では手に入らない商品なども購入できるようになるので是非覚えておきましょう。

 - 未分類